本文へジャンプ

決定 「環境調和型製鉄プロセス技術の開発(フェロコークス活用製銑プロセス技術開発)」に係る実施体制の決定について

平成29年5月19日

概要

技術・事業分野 省エネルギー プロジェクトコード P13012
事業名 環境調和型製鉄プロセス技術の開発(フェロコークス活用製銑プロセス技術開発)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 省エネルギー部 開発グループ
担当者:田村、武田
E-MAIL:ferrocoke@nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、平成29年3月29日から平成29年4月7日にかけて「環境調和型製鉄プロセス技術の開発(フェロコークス活用製銑プロセス技術開発)」を課題設定型助成事業として公募し、厳正な審査の結果、資料1のとおり1件の採択を決定いたしました。

1.事業内容

鉄鋼業は我が国産業の中で有数のエネルギー多消費産業であり、特に、高炉法による製鉄プロセスにおいて抜本的な省エネルギー対策が求められております。今回、従来から実施している「環境調和型製鉄プロセス技術の開発」の一環として、フェロコークス活用製銑プロセス技術開発を行います。

フェロコークス活用製銑プロセス技術は、一般炭と低品位の鉄鉱石を混合、成型、乾留させることにより生成した金属鉄の触媒作用を利用して高炉中の鉄鉱石とコークスの還元効率を高め、還元を低温で行うことができる省エネルギー技術です。

本事業では、300トン/日規模のフェロコークス製造設備を開発し、実証研究を行ってフェロコークス製造技術を確立すること及び製造したフェロコークスを実高炉に投入、使用効果の検証を行い、製銑工程における省エネルギー効果を確認することを目的とします。

2.審査状況等

ご提案いただいたテーマについて、学識経験者を主体とする外部委員による採択審査委員会(資料2)及びNEDO内の厳正な審査を経て採択テーマを決定いたしました。

資料

Adobe Readerを入手する