本文へジャンプ

決定 「ヒートポンプに関する海外の市場及び研究開発動向についての検討」に係る実施体制の決定について

平成29年4月20日

概要

技術・事業分野 省エネルギー プロジェクトコード P12004
事業名 ヒートポンプに関する海外の市場及び研究開発動向についての検討
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 省エネルギー部 開発グループ
担当者:松原、高野、楠瀬
E-MAIL:thermal-energy@nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「ヒートポンプに関する海外の市場及び研究開発動向についての検討」に係る公募を実施し、下記の通り委託予定先を決定致しました。

1.件名

ヒートポンプに関する海外の市場及び研究開発動向についての検討

2.事業概要

ヒートポンプ技術は、省エネルギー技術戦略2016で重要技術に位置付けられており当機構としてその技術開発を推進しています。一方で我が国は世界をリードする形でヒートポンプの導入を進めていますが、今後は、民生及び産業向けとして、その世界的な普及が期待されています。

我が国の技術が世界のヒートポンプ市場を牽引し、そのための技術開発方針を考えるためには、海外の状況のタイムリーな把握とその情報展開、さらに我が国からの情報発信を適切に実施することが必要です。

本事業では、ヒートポンプの海外展開や開発競争力強化に資する情報の収集と分析を目的とし、同時に我が国が当該分野で主導権を確保していくため、国際的な情報発信のあり方について検討します。

3.委託予定先

一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター

4.事業期間

平成29年度