本文へジャンプ

本公募 「国内半導体製造ラインの実態調査、及びその有効活用法の検討」に係る公募について

平成27年7月29日

概要

技術・事業分野 電子デバイス プロジェクトコード P10023
事業名 低炭素社会を実現する超低電圧デバイスプロジェクト
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 平成27年7月29日~平成27年8月18日
問い合わせ先 電子・材料・ナノテクノロジー部 
担当者:片岡、水野、波佐
TEL:044-520-5211   FAX:044-520-5212

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

(1)概要

半導体プロセスの微細化に伴い製造設備費や微細化プロセス技術開発費など半導体製造に対する投資が莫大となってきており、国内では最先端微細化プロセスに対応して行けなくなった製造ラインの閉鎖・休止が進んでいます。

一方、今後急速に拡大が予想されるIoT(Internet of Things)、ロボット、医療機器向けに多機能で低電力・小型のロジック、センサ、MEMS、アナログ製品などの半導体デバイスが必要になりますが、これらのデバイスは、必ずしも最先端微細化プロセスが必要とは限らなかったり、多品種少量生産対応が求められます。

IoT、ロボット、医療機器向けに必要とされる半導体デバイスの需要に対応するため、既存の半導体製造ラインの有効活用法の検討が必要と考えられます。

本事業では、国内半導体製造ライン(ウエハプロセス工程)の実態を調査し、既存の半導体製造ラインを上記のような特定の製品分野の製造に特化させたり、多品種少量生産に対応させるなど既存の半導体製造ラインの有効活用法の検討を目的とします。

また、海外半導体ファンドリーの状況や半導体技術を活かした他の事業分野への展開についても情報を収集・分析します。

(2)事業期間

平成27年度

2.説明会

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。説明は日本語で行います。 出席希望の企業等は、社名、出席者氏名、出席者の連絡先(TEL及びFAX番号、電子メールアドレス)を平成27年8月3日(月)12時までにFAX(044-520-5212)にてご連絡ください。(様式は問いません)

<日時・場所>

日時:
平成27年8月4日(火)9時00分~10時00分
場所:
神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー 19階1905会議室
  • 来構の際は、直接19階1905会議室までお越し下さい(16階での受付は不要です)

<説明会の出席登録先>

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
電子・材料・ナノテクノロジー部 片岡 宛
FAX:044-520-5212

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひ、ご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する