本文へジャンプ

決定 「低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/研究開発項目〔3〕 次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発/(1)次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究」に係る実施体制の決定について

平成27年6月11日

概要

技術・事業分野 電子デバイス プロジェクトコード P10022
事業名 低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト (研究開発項目〔3〕 次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発) [次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究]
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 電子・材料・ナノテクノロジー部 
担当者:杉山、山本、間瀬
FAX:044-520-5212
E-MAIL:pawaere@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/研究開発項目〔3〕 次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発/(1)次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究」に係る公募を実施し、資料1の通り委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、資料2の通りです。

1.件名

低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/研究開発項目〔3〕 次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発/(1)次世代パワーエレクトロニクス応用システム開発の先導研究

2.事業の概要

本事業では、パワーエレクトロニクスの新たな産業創出につなげることを目的として、革新性及び独創性の高い新しい応用システムを考案し、その要求に応じるための先導研究を実施します。

具体的には、考案された応用システムのコンセプト実証を行います。実証を通じて、考案された応用システムの省エネ効果の有効性や、見込まれる競争力の優位性などを検証し、今後の技術的課題の抽出等を行います。

3.事業期間

平成27年度~平成28年度

資料

Adobe Readerを入手する