本文へジャンプ

決定 「スマートセルによる物質生産分野の研究開発の方向性に係る検討」に係る実施体制の決定について

平成28年9月5日

概要

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P16009
事業名 植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 材料・ナノテクノロジー部  
担当者:林、後藤、河辺、大竹、尾野
FAX:044-520-5223
E-MAIL:smartcell@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「スマートセルによる物質生産分野の研究開発の方向性に係る検討」に係る公募を実施し、以下の通り採択予定先を決定いたしました。

1.件名

スマートセルによる物質生産分野の研究開発の方向性に係る検討

2.事業概要

近年、バイオテクノロジーの基礎技術であるDNAシーケンサーが低コストで利用可能となる一方、ゲノム編集技術等という新しい革新的基盤技術の登場によりスマートセル を容易に作成できる環境が整いつつあります。本事業では、進展著しい “スマートセルによる物質生産分野” を対象に、各国における最新の政策動向・技術動向に係る調査、我が国の競争力分析、事業化ターゲットとすべき戦略物質の検討等を行い、今後取り組むべき技術面、制度面の方策を明らかにすることを目的とします。

  • スマートセル: 高度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された生物細胞

3.採択予定先

株式会社三菱化学テクノリサーチ

4.事業期間

平成28年度