本文へジャンプ

決定 「国際基準化に向けた心毒性評価法確立のための細胞製造・計測技術の開発」に係る実施体制の決定について

平成26年10月30日

概要

技術・事業分野 バイオシステム プロジェクトコード P14027
事業名 国際基準化に向けた心毒性評価法確立のための細胞製造・計測技術の開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 バイオテクノロジー・医療技術部 バイオシステムグループ
担当者:田村、長谷川
TEL:044-520-5230

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「国際基準化に向けた心毒性評価法確立のための細胞製造・計測技術の開発」に係る公募を実施し、ご提案いただいた1件について外部有識者による審査及びNEDO内の審査を経て、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。
 なお、採択審査委員一覧は、別添1のとおりです。

1.件名

国際基準化に向けた心毒性評価法確立のための細胞製造・計測技術の開発

2.事業概要

iPS細胞の産業応用の一つとして、ヒトiPS細胞からヒト心筋細胞を樹立し、新薬の心毒性を評価する試験方法の開発が行われている。現在、この新規試験法の国際的なガイドライン策定を目指す動きがある。ヒト心筋細胞の創薬利用での実用化にあたっては、評価試験方法の標準化と共に、品質の安定した細胞を各評価試験方法に適した形態で提供する供給体制を構築しておく必要がある。
 そこで本事業では、品質の保証されたiPS細胞を材料として、心毒性評価で求められる高品質で均一性のある心筋細胞の商業的製造を前提とした大量培養技術の開発を行うと共に評価に用いる計測装置のプロトタイプを開発することを目的に、以下の研究開発項目を実施する。

研究開発項目「心毒性評価用心筋細胞の大量製造技術・計測装置の開発」
(a)心筋細胞の大量製造技術・品質試験法の開発
(b)計測装置の開発

3.委託予定先

別添2のとおり

4.事業期間

平成26年度

資料

Adobe Readerを入手する