本文へジャンプ

予告 「ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト/クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査/石炭ガス化複合発電におけるCO2分離回収システム最適化に関する検討」に係る公募について(予告)

平成26年3月13日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P10016
事業名 「ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト/クリーン・コール・テクノロジー実用化可能性調査/石炭ガス化複合発電におけるCO2分離回収システム最適化に関する検討」
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募開始予定日 平成26年4月上旬
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:山内、大畑、在間
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成26年3月28日 公募開始日を4月上旬に変更しました。

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く応募する予定です。

 なお、本事業は、平成26年度、平成27年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期等が変更されることがあります。

1.事業内容

(1)概要

 酸素吹き石炭ガス化複合発電(IGCC)へのCO2回収装置の設置については、既設のIGCCへこれを追設する場合とCO2回収装置の付置されたIGCCを新設する場合の両方が考えられる。また、CO2回収装置もそれを構成するシフト反応器の種類(スウィート、サワー)、CO2吸収装置(化学法、物理法)の複数の組み合わせがある。当該事業においては、追設と新設に最適な機器の組み合わせおよびコストの検討、CO2回収装置の試設計、ガスタービン燃焼温度高温化に伴う高圧化への対応等、CO2分離回収システムの最適化に関する調査を行うとともに、今後の酸素吹きIGCCの国内外の市場規模についても検討する。

(2)事業期間

 平成26年度から平成27年度

(3)公募期間

 平成26年4月上旬から開始予定です。

2.応募方法等

 公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

3.その他

本公募に関するお問い合わせは、下記までFAXまたはE-mailにてお願いします。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
環境部 担当者:山内、在間
FAX: 044-520-5253
E-mail: cct.projects@ml.nedo.go.jp