本文へジャンプ

予告 「クリーンコール技術開発/低品位炭利用促進事業」に係る公募について(予告)

平成27年12月25日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P*****
事業名 クリーンコール技術開発/低品位炭利用促進事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募開始予定日 平成28年1月下旬
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:中田、佐藤、在間
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く応募する予定です。

なお、本事業は、平成28年度の政府予算に基づき実施するため、予算案等の審議状況や政府方針の変更等により、公募の内容や採択後の実施計画、概算払の時期等が変更されることがあります。

1.事業内容

(1)概要

本事業は低品位炭利用技術の実用化に向けて、以下の調査、技術開発、技術実証を行う。

  • 1)低品位炭利用促進事業可能性調査

    付加価値が高い化学製品や改質炭等の炭鉱山元での製造を目指す事業を対象に、現状の分析を行うとともに、炭鉱から製造設備、輸送インフラ整備、製品需要者までを含むビジネスモデルの検討を行う。また、このビジネスモデルの実現に向けた経済面及び技術面からの課題の抽出と解決策の策定等の実現可能性調査を行う。

  • 2)低品位炭利用促進技術開発

    付加価値が高い化学製品や改質炭等の産炭国での製造を目指す事業等を対象に、炭鉱から製造設備、輸送インフラ整備、製品需要者までを含むビジネスモデルの実現に向け、実現可能なプラントコストを目指した技術開発を行う。また、基盤技術として、低品炭自然発熱に係るメカニズムや特性評価に係る技術開発を行う。

  • 3)低品位炭利用促進技術実証

    付加価値が高い化学製品や改質炭等の産炭国での製造を目指す事業等を対象に、産炭国で事業として成立する見込みのある案件について、実証規模のプラントを用いた試験運転を実施する。実証試験では、長時間運転等を通じ、プラント性能・機器信頼性の検証、並びにプラントの運用性を確立し、プラント安定運転を実証する。

(2)事業期間

  • 1)低品位炭利用促進事業可能性調査
    採択決定日から平成29年2月まで
  • 2)低品位炭利用促進技術開発
    採択決定日から平成31年2月まで
  • 3)低品位炭利用促進技術実証
    採択決定日から平成32年2月まで

(3)公募期間

平成28年1月下旬~平成28年3月上旬を予定しています。

2.説明会

公募説明会を開催し、当該公募に係る内容、提案書類等について説明します。公募説明会の開催場所及び日時につきましては、後日NEDOホームページに掲載します。

3.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

低品位炭利用促進技術開発への応募につきましては、下記のe-Radにご登録下さい。

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-5625-3961(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.その他

低品位炭利用促進技術開発への応募につきましては、公募時に過去のNEDO研究開発プロジェクトの実績調査をいたします。

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひ、ご登録いただき、ご活用ください。