本文へジャンプ

予告 「クリーンコール技術開発/石炭利用環境対策事業/石炭利用環境対策推進事業/石炭灰調査事業」に係る公募について(予告)

平成29年6月16日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P16003
事業名 クリーンコール技術開発/石炭利用環境対策事業/石炭利用環境対策推進事業/石炭灰調査事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募開始予定日 平成29年7月下旬
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:武信、山中、在間
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成29年7月14日 【公募開始予定日及び公募期間変更】
公募開始予定日を平成29年7月下旬に変更致します。公募開始予定日変更に伴い、公募期間を平成29年7月下旬~平成29年8月上旬に変更致しました。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集する予定です。

1.事業内容

(1)概要

供給安定性および経済性に優れた天然資源である石炭を利用した火力発電は、将来的にも、国内の発電供給量の26%を担う重要な電源※1である※2

しかし、これら石炭火力発電では、石炭中の灰分が石炭灰として排出され、それらの処理費用が発電原価に大きく影響を及ぼしている。電源の価格競争力を確保することは、我が国の継続した発展を実現するために重要である。従って、発電原価に占める石炭灰処理費用の削減の為に、それらの有価利用を拡大することが必要である。

そこで、本事業では、石炭灰の有価利用を拡大する為に、石炭灰の発生・利用動向、市場化及び有価利用技術に関する基礎調査を行う。その上で、石炭灰の有効利用に関するロードマップを作成し、有望な技術開発テーマの洗い出しを行なう。

  • ※1:長期エネルギー受給見通し(経産省(2015年))
  • ※2:エネルギー基本計画(閣議決定(2014年))
1)中長期ロードマップの作成
中長期ロードマップを作成し、新たな技術開発の方向性を見出す。
2)技術調査
高流動コンクリート用混和材としての適用範囲をどこまで広げられるか検証する等、用途先の拡大に資する技術の調査を行う。
3)基礎調査
石炭灰有価利用を拡大する為、最新の石炭灰全国実態及び海外動向調査並びに利用技術の普及を図る為、既成灰ガイドラインの改訂及び普及等を行う。

(2)事業期間

平成29年度

(3)公募期間

平成29年7月下旬~8月上旬を予定しています。

2.説明会

公募説明会を開催し、当該公募に係る内容、提案書類等について説明します。公募説明会の開催場所及び日時につきましては、後日NEDOホームページに掲載します。

3.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。