本文へジャンプ

予告 「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/石炭火力発電におけるバイオマス利用拡大技術の先導研究」に係る公募について(予告)

平成30年6月13日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P16002
事業名 次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/石炭火力発電におけるバイオマス利用拡大技術の先導研究
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
公募開始予定日 平成30年7月中旬
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:高橋、今村、在間
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成30年7月5日 【公募事業内容等の変更】
予定している公募内容の変更に伴い、事業名、事業分類、問い合わせ先、概要、事業期間を変更しました。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集する予定です。

1.事業内容

(1)概要

平成27年7月に決定された長期エネルギー需給見通しにおける基本方針は、3E+S(安全性、安定供給、経済効率性、環境適合)を同時達成しつつ、バランスの取れた電源構成を実現することとされており、具体的な取組として、火力発電の高効率化や地熱、水力、バイオマス等の再生可能エネルギーの導入拡大等が示されています。石炭火力発電の二酸化炭素排出原単位を低減するためには、既存の石炭火力に対するバイオマス利用(混焼)を拡大することは重要な手法の1つです。しかしながら、現状では混焼率が低いという課題があり、課題解決のための手法の確認が必須です。

本事業では、石炭火力発電へのバイオマス利用拡大のため、既存の石炭火力発電に大幅な改造を施すことなく適用可能であり、かつ大幅な利用率の向上が見込めるバイオマス利用技術について、適用性調査や経済性評価を含めた先導研究を実施します。

(2)事業期間

平成30年度~平成31年度

(3)公募期間

平成30年7月中旬~平成30年8月中旬(最終日 正午まで)を予定しています。

2.説明会

公募説明会を開催し、当該公募に係る内容、提案書類等について説明します。公募説明会の開催場所及び日時につきましては、後日NEDOホームページに掲載します。

3.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOホームページに掲載します。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。