本文へジャンプ

決定 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」に係わる実施体制の決定について

平成26年10月28日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P93050
事業名 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:春田、山本、影山
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」に係る公募を実施し、下記のとおり委託予定先を決定いたしました。
 なお、採択審査委員会委員は別添のとおりです。

1.件名

国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業

2.事業の概要

我が国が有する、高効率発電技術(USC、IGCC等)や石炭ガス化技術、CCS技術、運転管理技術など、世界的に優れた石炭の高効率利用に関する設備・技術を対象として、アジア新興国を始めとした国際市場に普及・促進させることで、相手国のエネルギー効率の向上、エネルギー源の多角化を支援し、エネルギー需給の安定、地球環境問題の解決に資することを目的とする。

3.採択テーマと委託予定先

  1. カザフスタン共和国における移動電極型電気集塵装置(MEEP)による石炭火力発電所環境改善プロジェクトの案件形成調査
    (株式会社日立プラントコンストラクション、あすかグリーンインベストメント株式会社)
  2. インドネシアにおける褐炭利用促進手法の提言に向けた山元発電と改質プロセス統合による高効率化プロジェクトの案件発掘調査
    (宇部興産株式会社、川崎重工業株式会社、月島機械株式会社、丸紅株式会社)
  3. カナダにおける酸素燃焼CCUSプロジェクトの案件発掘調査
    (株式会社IHI、電源開発株式会社、一般財団法人石炭エネルギーセンター、三井物産株式会社)
  4. 米国におけるクリーンコール環境装置ショーケースプロジェクトの案件発掘調査
    (三菱重工業株式会社)
  5. トルコ共和国における褐炭を利用した高効率発電事業の案件形成調査
    (三井物産株式会社)
  6. インドネシア国における石炭火力発電所 既設亜臨界圧発電設備の環境配慮型・高効率設備への改善、および低品位石炭利用/環境配慮型 高効率超々臨界圧石炭火力発電設備の導入プロジェクト案件形成調査
    (中部電力株式会社、三菱日立パワーシステムズ株式会社、一般財団法人石炭エネルギーセンター)

4.調査期間

平成26年度~平成27年度

5.問い合わせ

本公募に関するお問い合わせは、下記までFAXにてお願いします。
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
環境部 担当者:春田、影山、山本
FAX:044-520-5253

資料

Adobe Readerを入手する