本文へジャンプ

決定 「クリーンコール技術海外普及展開等事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」に係る実施体制の決定について

平成28年6月10日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P15004
事業名 クリーンコール技術海外普及展開等事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:山本(佳)、阿部、中元
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「クリーンコール技術海外普及展開等事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業」に係る公募を実施し、下記のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員会委員は別添のとおりです。

1.件名

クリーンコール技術海外普及展開等事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業

2.事業内容

日本が有する世界的に優れた高効率発電技術(USC、IGCC等)や石炭ガス化技術、CO2分離・回収技術(CCUS技術)、運転管理技術などの石炭高効率利用に関する設備・技術を対象として、アジア新興国を中心に国際市場に普及・促進させることで、相手国のエネルギー効率の向上、エネルギー源の多角化を支援し、エネルギー需給の安定、地球環境問題の解決に資することを目的とし、日本のCCTの普及に関するプロジェクトの創生や実現可能性に関する調査などを実施します。

3.採択テーマと委託予定先

  1. エジプト・アラブ共和国におけるエジプト電力公社向け超々臨界石炭火力発電所建設プロジェクト案件形成調査
       (住友商事株式会社、東電設計株式会社)
  2. カナダ・サスカチュワン州における石炭焚き火力発電所排ガスからの化学吸収法
      CCUSプロジェクトの案件形成調査
      (一般財団法人石炭エネルギーセンター、三菱重工業株式会社、三菱日立パワーシステムズ株式会社)
  3. パキスタンにおけるガス化等による未利用炭有効利用プロジェクトの案件発掘調査
      (一般財団法人エネルギー総合工学研究所)
  4. バングラデシュ国における超々臨界圧石炭火力IPPプロジェクト案件発掘調査
      (住友商事株式会社、株式会社サミット・グローバル・パワー)
  5. ブラジルにおける高効率石炭火力発電(超々臨界圧発電)プロジェクト案件形成調査
      (PwCアドバイザリー合同会社、東京電力ホールディングス株式会社、株式会社IHI)

4.調査期間

平成28年度

資料

Adobe Readerを入手する