本文へジャンプ

決定 「先進的な火力発電技術等の海外展開推進事業/先進的な火力発電技術等に係る導入促進事業/発電プロジェクトの案件形成に係る国際的なフレームワークに関する動向調査」に係る実施体制の決定について

平成30年11月6日

概要

技術・事業分野 クリーンコール プロジェクトコード P17006
事業名 先進的な火力発電技術等の海外展開推進事業/先進的な火力発電技術等に係る導入促進事業/発電プロジェクトの案件形成に係る国際的なフレームワークに関する動向調査
事業分類 普及啓発事業
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 環境部 クリーンコールグループ
担当者:山中、西海、村上、佐野
FAX:044-520-5253
E-MAIL:cct.projects@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「先進的な火力発電技術等の海外展開推進事業/先進的な火力発電技術等に係る導入促進事業/発電プロジェクトの案件形成に係る国際的なフレームワークに関する動向調査」に係る公募を実施し、ご提案頂いた3件の提案について、外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、下記のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

1.件名

先進的な火力発電技術等の海外展開推進事業/先進的な火力発電技術等に係る導入促進事業/発電プロジェクトの案件形成に係る国際的なフレームワークに関する動向調査

2.事業概要

火力発電技術等の海外展開に関しては、2018年6月に経協インフラ戦略会議においてとりまとめられた「インフラシステム輸出戦略」や2018年7月に閣議決定された「第五次エネルギー基本計画」において我が国政府の考え方が示されているところですが、今後加速する議論に向け、情報を整理しておくことが必要です。また、火力発電技術等の海外展開を推進するには、相手国のエネルギー政策やダイベストメントを巡る各種ステークホルダーの動向を把握することが必要となります。

そのため、本事業では火力発電の環境負荷低減や高効率化のための世界における火力発電技術の現状やベストプラクティス、また、火力発電の負荷変動対応技術に関する現状等の調査・分析に加えて、火力発電プロジェクトの案件形成に係る国際機関や国際的なフレームワークに関する各種動向の調査、分析を実施します。

具体的項目として以下を含むものとします。

  • (1)系統安定性・コスト等、電力システムに対する石炭火力の影響度評価
  • (2)石炭火力に係る最新技術調査
  • (3)石炭火力運用性向上のための技術調査
  • (4)各国のエネルギー政策等の分析
  • (5)石炭火力発電に係る投資動向と影響の調査
  • (6)各種金融機関や国際金融機関(ECA)の石炭火力に関する運用ルールの情報収集

3.委託予定先

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

4.事業期間

平成30年度~平成31年度

資料

Adobe Readerを入手する