本文へジャンプ

予告 平成25年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(実証事業:二次公募)に係る公募について(予告)

平成25年7月11日

概要

技術・事業分野 京都メカニズム プロジェクトコード P11013
事業名 地球温暖化対策技術普及等推進事業 (実証事業:二次公募)
事業分類 実証事業(フィールドテスト)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募開始予定日 平成25年9月下旬
問い合わせ先 京都メカニズム事業推進部 JCM/BOCMグループ
担当者:小林、本橋、谷村
FAX:044-520-5196
E-MAIL:pkfs@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成25年9月19日 公募開始予定日を変更しました。
1.事業内容(1)概要、(3)公募期間、(4)留意事項の用語等を修正しました。
平成25年9月3日 公募開始予定日を変更しました。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集する予定です。

1.事業内容

(1)概要
 本事業は、我が国の低炭素技術・製品等の海外における有効性を実証し得る具体的な排出削減プロジェクトを効率的かつ効果的に実施するため、既に二国間クレジット制度(以下、「JCM」という。)に係る二国間文書に署名した国において、これら技術・システム等を活かした具体的なプロジェクトを対象に、JCMの活用(事業者によるJCMプロジェクトの申請のためのプロジェクト設計書(PDD)の作成から、妥当性確認、登録、プロジェクトによる排出削減量のモニタリング・報告、検証までの手続)により、温室効果ガス排出削減効果等について、当該技術・システムの有効性を実証する実証事業を実施するものです。 

(2)事業期間
 平成25年度~平成27年度(予定)

(3)公募期間
 JCMに係る二国間文書の署名 状況等 をみながら、二次公募を9月下旬 に行う予定です。公募期間は公募開始後1ヶ 月程度とします。
 二次公募では、「エチオピア連邦民主共和国」、「ケニア共和国」、「モルディブ共和国」、 「ベトナム社会主義共和国」、 「ラオス人民民主共和国」 及び「インドネシア共和国」  を対象国として予定しています。なお、公募開始時点において、新たに二国間文書に署名した国が増えた場合等、対象国を追加することがあります。

(4)留意事項
 実証事業等は、二国間文書が署名 された国での、具体的な排出削減プロジェクトを対象にしていることから、原則、JCM下での事業実施について、現地協力企業等と書面による合意が形成されていること(同制度下での事業登録申請、審査を行うために不可欠であるため)を想定しています。

2.応募方法等

公募要領等の詳細は公募開始日にNEDOのホームページに掲載します。