本文へジャンプ

本公募 平成26年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(JCM実証事業)に係る公募について

平成26年7月3日

概要

技術・事業分野 国際実証・連携 プロジェクトコード P11013
事業名 地球温暖化対策技術普及等推進事業(JCM実証事業)
事業分類 実証事業(フィールドテスト)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
公募期間 平成26年7月3日~平成26年8月8日
問い合わせ先 京都メカニズム事業推進部 JCM/BOCMグループ
担当者:遠藤、白沢、川口
FAX:044-520-5196
E-MAIL:pkfs@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成26年7月22日 公募説明会使用資料を最下部資料欄に追加しました。
3)-1提案書類(JCM実証事業)を改訂しました。

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、平成26年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業(協力案件の実証事業)」の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づきご応募下さい。

1.事業内容

(1)概要

本事業は、我が国の低炭素技術・製品等の海外における有効性を実証し得る具体的な温室効果ガス排出削減プロジェクトを効率的かつ効果的に実施するため、二国間クレジット制度(以下、「JCM」という。)に係る二国間文書に署名した国(公募〆切時点)において、これら技術・システム等を活かした具体的なプロジェクトを対象に、JCMの活用(事業者によるJCMプロジェクトの申請のためのプロジェクト設計書(PDD)の作成から、妥当性確認、プロジェクトの登録、プロジェクトによる排出削減量のモニタリング・報告、検証までの手続)により、温室効果ガス排出削減効果等について、当該技術・システムの有効性を確認する事業です。

  • (注)「二国間オフセット・クレジット制度」の名称については、表現を簡略化し「二国間クレジット制度」としております。

(2)事業期間

平成26年度~平成28年度(予定)

(3)留意事項

実証事業は、二国間文書が署名された国での、具体的な排出削減プロジェクトを対象にしていることから、JCM下での事業実施について、現地協力企業等と書面による合意が形成されていること(同制度下での事業登録申請、審査を行う上で不可欠であるため)を想定しています。さらに今年度は採択案件における実施体制を確立し、速やかな実証事業の進捗を確保するためにJCM実証事業前調査を必ず実施することとし、上記合意を形成したうえで外部有識者による事業化評価で承認された案件のみJCM実証事業を実施することとします。

  • 地球温暖化対策技術普及等推進事業【事業紹介】も併せて参照下さい。

2.説明会

当該公募の内容、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。
説明は日本語で行います。

参加を希望される方は、下の「申し込みはこちらから」ボタンよりお願いします。

各回の締め切りまでにお申し込み下さい。出席は提案応募の必要条件ではありません。

<説明会の会場、日時>

●第一回説明会(東京会場)

日 時: 平成26年7月8日(火) 14時00分~16時00分
会 場: NEDO分室第一会議室
住 所: 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12階 (地図をご参照下さい。) 申し込み締め切り:平成26年7月7日(月)正午

●第二回説明会(大阪会場)

日 時: 平成26年7月10日(木) 14時00分~16時00分
会 場: 近畿経済産業局 ミーティングルームA
住 所: 大阪府大阪市中央区大手前1-5-44 大阪合同庁舎1号館第2別館3階 (地図をご参照下さい。) 申し込み締め切り:平成26年7月9日(水)正午

●第三回説明会(川崎会場)

日 時: 平成26年7月14日(月) 13時30分~16時30分
会 場: 川崎商工会議所 会議室4
住 所: 神奈川県川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル2階 (地図をご参照下さい。) 申し込み締め切り:平成26年7月11日(金)正午
  • 当日は本ホームページ記載事項及び添付書類等を用いて説明いたします。ご出席の方は、本ページ最下の資料欄にある必要関係書類を印刷して持参下さい。また、参加人数が多数の場合は、一社当たりの人数を制限させていただくことがございます。

空席状況はこちら

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードして下さい。契約約款はこちらをご参照下さい。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用下さい。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する
Excel Viewerを入手する