本文へジャンプ

決定 平成25年度「地球温暖化対策技術普及等推進事業」(実証事業:二次公募)に係る実施体制の決定について

平成25年12月27日

概要

技術・事業分野 京都メカニズム プロジェクトコード P11013
事業名 地球温暖化対策技術普及等推進事業 (実証事業:二次公募)
事業分類 実証事業(フィールドテスト)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 京都メカニズム事業推進部 JCM/BOCMグループ
担当者:小林、本橋、谷村
FAX:044-520-5196
E-MAIL:pkfs@ml.nedo.go.jp

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「平成25年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(実証事業:二次公募)」に係る公募を実施し、下記のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

平成25年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(実証事業:二次公募)

2.事業概要

二国間クレジット制度(以下、「JCM」という。)に係る二国間文書に署名された国において、相手国側のニーズ等も考慮しつつ、当該国での導入に際し障壁や技術的課題がある技術・システム等について、委託業務に必要な機械装置等を導入し、温室効果ガス排出削減効果、省エネルギー又はエネルギー代替効果等について、JCMを活用することで定量的に見える化し、当該技術・システム等の有効性を確認する技術実証事業を行います。また、本事業の実施を通じて、相手国側における優れた温暖化対策技術の普及を促すような政策や制度の整備について働きかける等、当該技術普及のための方策についても検討します。

今回の公募では、エチオピア連邦民主共和国、ケニア共和国、モルディブ共和国、ベトナム社会主義共和国、ラオス人民民主共和国及びインドネシア共和国を対象としています。

(注)「二国間オフセット・クレジット制度」の名称については、表現を簡略化し「二国間クレジッ ト制度」としております。

3.委託予定先

別紙1のとおり

4.事業期間

平成25年度~平成27年度(予定)

資料

Adobe Readerを入手する