本文へジャンプ

本公募 平成24年度「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発)」に係る公募について

平成24年5月28日

概要

技術・事業分野 バイオマス プロジェクトコード P07015
事業名 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発)
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 平成24年5月28日~平成24年6月27日
問い合わせ先 新エネルギー部 バイオマスグループ
担当者:日尾野(ヒビノ)、森田、山本、土生(ハブ)
FAX:044-520-5275

詳細

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記研究開発事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

 バイオマスエネルギーの一層の導入普及を図るためには、革新的な次世代バイオマス利用技術シーズの開発(次世代技術開発)を実施するともに、並行して実用化のための技術開発(実用化技術開発)も推進する必要があります。戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業では、2つの事業フェーズを戦略的に関連させて実施いたします。
 本公募は、「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業」の内、次世代技術開発について公募するものです。
 今回は、2030年頃の本格的増産が見込まれ、バイオ燃料の普及を促進する波及効果の大きい次世代バイオ燃料製造技術の開発を実施します。
 バイオマスを気体、液体、固体燃料、電気等のエネルギーに転換する技術に関連した次世代の研究開発及び将来の革新的なブレイクスルーに繋がる基礎研究を対象とします。温室効果ガス削減効果および2030年以降の市場へのインパクトが大きく、本事業終了後を含めて実用化に向けた開発体制が整っている提案を採択します。

(1)対象となる技術課題
a)ジェット燃料並びに船舶燃料代替バイオ燃料製造技術開発
  BTL、微細藻類由来バイオ燃料製造技術等のジェット燃料並びに船舶燃料代替代替のための研究開発を実施します。ただし、エステル化反応によるバイオディーゼル燃料は、既に実用化されているため、公募対象と致しません。
  BTL、微細藻類由来バイオ燃料製造技術分野においては、下記に挙げた課題を重点課題とします。ただし、下記以外でも、従来プロセスと比較して、新規性・独創性があり、技術的・経済的に優れている研究開発は対象とします。

<BTL関係>
・ガス化プロセスと液化反応のマッチングシステムの構築
  ガス化後の組成が後段の触媒反応に最適であり、かつ不純物の混入を低減したバイオマス由来合成ガスを生成可能なガス化炉開発と、低コストで液化可能な触媒開発を組み合わせたBTL製造システム技術の開発を目指します。

・木質バイオマスの熱分解による直接的な燃料油製造技術の開発
  木質バイオマスより効率的に熱分解油を製造できるトータルシステム技術の開発を目指します。

<微細藻類由来バイオ燃料関係>
・油分生産性の優れた微細藻類の育種・改良、培養技術の開発
  トータルプロセスの大幅な製造コスト低減を目指し、成長性や油分産生能力の高い微細藻類の獲得に係る育種・改良技術開発、並びに油分の大量生産の基盤となる培養技術、油分抽出技術の開発を実施します。

b)その他の燃料で画期的な技術開発
  ジェット燃料並びに船舶燃料代替バイオ燃料製造技術開発以外で、現在行われている研究開発技術に比較して、効率が2倍になる、コストが半分になる等の、その技術の普及が促進される技術開発を実施します。
 ※現在行われている研究開発事例
  NEDOバイオマスエネルギー先導技術開発(加速的先導技術開発)
  開発目標:2015~2020年にバイオエタノール製造コスト40円/Lを達成する。

(2)事業期間
  平成24年度~平成25年度(2年間)
  ただし、著しい波及効果の見込まれる研究成果をあげ、実用化に向けた研究段階に移行できると判断される場合には、更に2年間(平成26年度~平成27年度)の期間延長を行うことがあります。

2.説明会

 当該公募の内容は、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。事前登録は不要です。公募説明会資料は、説明会では配布しませんので、下記添付の「10.公募説明会資料」をプリントアウトしてお持ちください。

<説明会の会場、日時>

<東日本地区>
・日 時: 平成24年6月4日(月)13時30分~15時00分
・場 所: NEDO本部 1601会議室
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番地
ミューザ川崎セントラルタワー 23階

<西日本地区>
・日 時: 平成24年6月5日(火)13時30分~15時00分
・場 所: NEDO関西支部 会議室
〒530-0001 大阪市北区梅田3丁目3番10号
梅田ダイビル16階
TEL: 06-4306-5020

3.応募方法等

 本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードしてください。公募要領に従って提案書を作成の上、受付期間内に提出してください。
 また、申請(応募)時には、以下のシステムへの登録が必須となります。

(参考)府省共通研究開発管理システム(e-rad)について

e-Rad

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)に提案内容等をご登録いただく必要がございます。提案内容のご登録方法等、詳細は公募要領等をご覧ください。e-Radをご利用になるためには、御所属の研究機関(企業、国立研究開発法人、大学等の法人)又は研究者本人がe-Radに登録され、ログインID、パスワードを取得しておく必要がございます。登録方法については以下のページをご覧ください。

なお、e-Radへの登録に日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。

e-Radへの登録に関するヘルプデスク
電話番号: 0570-066-877(ナビダイヤル)、03-5625-3961(直通)
受付時間: 午前9時00分~午後6時00分(平日)
(土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

4.問い合わせ

 本公募に関するお問い合わせは、下記までFAXもしくはE-mailにてお願いします。
 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
 新エネルギー部バイオマスグループ 日尾野(ヒビノ)、森田、山本、土生(ハブ) 宛
 FAX: 044-520-5275
 

5.その他

 本公募では、NEDOの実績調査を実施いたします。詳細については、資料欄「公募要領」(別添4)をご覧ください。
 メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する
Excel Viewerを入手する