本文へジャンプ

本公募 「地熱発電所の環境アセスメントにおける高層気象観測の簡略化に関する検討」に係る公募について

平成30年7月27日

概要

技術・事業分野 熱利用 プロジェクトコード P13009
事業名 地熱発電技術研究開発
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 平成30年7月27日~平成30年8月20日
問い合わせ先 新エネルギー部 熱利用グループ
担当者:丸内、田中
FAX:044-520-5276
E-MAIL:thermalgroup@ml.nedo.go.jp

詳細

情報を更新しました
平成30年8月10日 【期間延長】
提案書類の提出期限について、平成30年8月20日(月)正午まで延長いたしました。なお、既に提案書を提出済みであっても、期間内に再提出することができます。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集します。

1.事業内容

(1)概要

地熱発電所の環境アセスメントにおける硫化水素の影響予測に係る調査は、経済産業省「発電所に係る環境影響評価の手引」に基づき硫化水素濃度の測定、地上気象および高層気象の観測が行われています。

このうち、高層気象観測は、高度500m程度までの風向、風速及び気温について、3時間毎に1日8回1週間の観測を4季行うものですが、観測結果は予測評価には使用されず過剰な調査となっています。

本調査は、環境アセスメントにおける事業者の負担軽減を目的に、高層気象観測について、合理的な手法の提案に向け必要な事項を整理します。

(2)事業期間

平成30年度

2.説明会

提出する書類等に関する説明会を次の日程により開催いたします。説明は日本語で行います。出席希望の企業等は、社名、出席者氏名、出席者の連絡先(TEL及びFAX番号、電子メールアドレス)を平成30年7月30日(月)12時までに上記問い合わせ先までメールで御連絡ください。(様式は問いません)

基本計画や公募要領等、ホームページに掲載する資料は、各自でご持参ください。なお、出席者は、各機関2名以内とさせていただきます。

<日時・場所>

日時:
平成30年7月31日(火) 13時30分~15時00分(受付:13時15分~)
場所:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 1602会議室
〒212-8554 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番 ミューザ川崎セントラルタワー 16階
  • 説明会会場(1602会議室)に直接お越しください。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必要な書類をダウンロードして下さい。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する