本文へジャンプ

決定 「再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業」に係る実施体制の決定について

平成23年9月5日

概要

技術・事業分野 太陽光・太陽熱 プロジェクトコード P11012
事業名 再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
地方公共団体
NPO等非営利団体
問い合わせ先 新エネルギー部 自然エネルギーグループ
担当者:天明、久保
FAX:044-520-5276

詳細

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は平成23年6月22日~7月22日の間に公募しました「再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業 」 に対する応募提案について、外部有識者からなる採択審査委員会(別添1)及びNEDOの審査を経て6件の共同研究予定先(別添2)を決定しました。

1.件名

再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業

2.事業内容

(1)概要

 2010年6月に閣議決定された「エネルギー基本計画」においては、2020年までに一次エネルギー供給に占める再生可能エネルギーの割合を10%まで高めるとの目標が設定されていますが、このなかで利用拡大すべき再生可能エネルギーとして、太陽熱、地中熱等があげられています。
 再生可能エネルギーとしての熱利用を拡大するためには、グリーン熱証書の利用など環境価値の経済価値化に向けた取り組みが必要ですが、その前提として、熱量を低コストで高い信頼性のもとで計測する技術の確立が求められています。
 今回、公募を実施する再生可能エネルギー熱利用計測技術実証事業では、太陽熱、地中熱及び雪氷熱を対象に、使用される熱量を低コストでかつ小さい誤差で計測する手法を確立します。

(2)事業期間

 共同研究期間は平成23年度~平成25年度とします。

資料

Adobe Readerを入手する