本文へジャンプ

決定 「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発/基盤技術開発 /低白金化技術」に係る実施体制の決定について

平成24年5月25日

概要

技術・事業分野 燃料電池・水素利用 プロジェクトコード P10001
事業名 固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発/基盤技術開発 / 低白金化技術
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 燃料電池・水素グループ
担当者:小川、堀内
FAX:044-520-5276

詳細

 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発/基盤技術開発 / 低白金化技術」(平成24年度公募)において、共同研究先の公募を実施し、外部有識者等からなる審査委員の厳正な評価及びNEDOの審査を経て1件の採択予定先を決定いたしました。
 審査委員の名簿及び採択予定先の一覧は(別添1)(別添2)のとおりです。

1.件名

「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発/基盤技術開発/低白金化技術」

2.事業の概要

 「固体高分子形燃料電池実用化推進技術開発」では、固体高分子形燃料電池の更なる普及拡大に向けて、本格導入期における大幅な低コスト化に資する「基盤技術開発」、普及促進・市場拡大に資する新たな用途多様化のための「実用化技術開発」、本格普及期のための革新的なアプローチによる「次世代技術開発」を一体的、総合的に推進しております。
 今回の追加公募の対象は、「基盤技術開発」の1テーマである「低白金化技術」のうち「白金コアシェル触媒の量産技術開発」です。

資料

Adobe Readerを入手する