本文へジャンプ

決定 「風力等自然エネルギー技術研究開発/風力発電高度実用化研究開発」に係る実施体制の決定について

平成25年11月25日

概要

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P13010
事業名 風力発電高度実用化研究開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:大重、山崎
FAX:044-520-5276

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、平成25年8月30日から平成25年9月30日まで「風力等自然エネルギー技術研究開発/風力発電高度実用化研究開発」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、別紙1のとおり採択予定先を決定いたしました。

1.事業概要

本事業では、以下の研究を行います。

  • 風車部品高度実用化開発
    本研究開発では、先進的な次世代風車に適用可能な発電機や主要コンポーネントなどの性能向上に係わる実用化開発を素材レベルから一体的に実施します。
  • スマートメンテナンス技術研究開発
    高効率なメンテナンス手法を開発すると共に、実際に既設風車による実証試験を実施し、設備利用率23%以上を実現します。併せて、既設風車のダウンタイム要因分析及び高効率メンテナンス手法の分析を行い、国内既設風車の定常メンテナンスや事故故障対応等を整理し、高効率なメンテナンス手法の基礎データを取りまとめます。
  • 10MW超級風車の調査研究
    世界的に中長期技術としての検証が行われている、10MW以上の超大型風車のシステム等に係る課題を抽出し、実現可能性を評価します。

2.審査状況

ご提案いただいた研究開発テーマについて、外部有識者による採択審査委員会(別紙2)及びNEDO内の厳正な審査を経て、採択予定先を決定いたしました。

資料

Adobe Readerを入手する