本文へジャンプ

決定 「水素利用技術研究開発事業」の追加公募に係る実施体制の決定について

平成26年3月3日

概要

技術・事業分野 燃料電池・水素 プロジェクトコード P13002
事業名 水素利用技術研究開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 燃料電池・水素グループ
担当者:畠山、新家
FAX:044-520-5276

詳細

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「水素利用技術研究開発事業」において追加公募を実施し、外部有識者等からなる審査委員の厳正な評価及びNEDOの審査を経て、委託予定先を決定いたしました。

審査委員の名簿及び委託予定先の一覧は、資料欄の(別添1)(別添2)のとおりです。

1.件名

水素利用技術研究開発事業

2.事業内容

(1)概要

「水素利用技術研究開発事業」(燃料電池自動車及び水素ステーション用低コスト機器・システム等に関する研究開発)は、燃料電池自動車(FCV)及び水素供給インフラの本格普及に向け、FCV及び水素ステーション用低コスト機器・システム等の実用化技術開発を行うことで、一連の機器・システム等のコスト低減、FCVの普及及び国際競争力確保に資することを目的としています。

本研究開発では、ステージを二段階に分け、ステージIでは、水素ステーションを構成する機器(水素製造装置、水素圧縮機、水素冷却器)の低コスト化を実現するための、基礎設計やコスト分析を行うとともに、研究開発・実証事業(ステージII)計画を策定いただきます。ステージIIでは、ステージIを通じて策定した計画を基に、上記分野に貢献する上記装置を開発いただき、ユーザーでの実証研究を行います。

なお、ステージIIはステージIの結果を評価し、研究開発・実証事業の内容、事業規模等が目的を達成するに必要かつ適切と判断された場合においてのみ、移行、実施いたします。

(2)実施期間

 平成25年度から平成26年度(6ヶ月程度)

資料

Adobe Readerを入手する