本文へジャンプ

決定 「次世代洋上直流送電システム開発事業」に係る実施体制の決定について

平成27年6月30日

概要

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P15002
事業名 次世代洋上直流送電システム開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:日向野、小川
FAX:044-520-5276

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、「次世代洋上直流送電システム開発事業」に係る公募を実施し、下記の通り委託予定先を決定いたしました。

1.件名

次世代洋上直流送電システム開発事業

2.詳細

(1)概要

今後、日本において、再生可能エネルギーを導入拡大するには、洋上風力を大規模に設置する必要があるが、大規模な洋上風力ウインドファームを設置する場合、沿岸部の送電網の整備状況等によっては、海中ケーブルによる長距離送電を行うことで、比較的大きな接続可能量を持つ上位の送電系統に、あるいは需要地に直接接続する必要があります。新規に地上に送電系統を構築する事の制約などから、洋上と陸上間の複数のポイントで相互に接続する多端子の直流送電システムが想定されます。
 そのため、本事業では、高い信頼性を備え、かつ低コストで実現する多端子直流送電システムと必要なコンポーネントを開発し、今後の大規模洋上風力の連系拡大・導入拡大・加速に向けた基盤技術を確立することを目的とします。

(2)事業期間

平成27年度~平成31年度

3.審査状況

ご提案いただいた研究開発テーマについて、外部有識者による採択審査委員会(別紙2)及びNEDO内の厳正な審査を経て、委託予定先(別紙1)を決定いたしました。

資料

Adobe Readerを入手する