本文へジャンプ

決定 「次世代洋上直流送電システム開発事業」に係る追加公募結果について

平成28年3月16日

概要

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P15002
事業名 次世代洋上直流送電システム開発事業
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:日向野、松本
FAX:044-520-5276

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、「次世代洋上直流送電システム開発事業」に係る公募を平成28年2月1日~平成28年3月14日に実施しましたが、提案が0件であったため、採択候補なしとの結論に至りました。

1.件名

次世代洋上直流送電システム開発事業

2.事業概要

(1)概要

日本において、再生可能エネルギーの導入を拡大するには洋上風力を大規模に設置する必要がある。その設置には電力消費地への長距離送電が課題となる。そのため、高い信頼性を備えかつ低コストで実現する多端子直流送電システムを開発し、今後の大規模洋上風力の連系拡大・導入拡大・加速に向けた基盤技術を確立する必要がある。

本事業では、洋上風力向け多端子直流送電システムと必要なコンポーネントを開発するとともに、大規模洋上風力開発のモデルケースについて可能性検討を行うことを目的とする。

上記目的のため、大規模洋上風力発電電力を電力需要地へ送電するため、高信頼性・低廉性を有する多端子直流送電システムの実用化に向けたシステム開発、要素技術の開発を行う。

(2)事業期間

平成28年度~平成29年度