本文へジャンプ

決定 「風車運用高度化技術研究開発」に係る実施体制の決定について

平成30年8月23日

概要

技術・事業分野 風力・海洋 プロジェクトコード P13010
事業名 風力発電等技術研究開発 (風力発電高度実用化研究開発) [風車運用高度化技術研究開発]
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 新エネルギー部 風力・海洋グループ
担当者:小島、高木、田窪
FAX:044-520-5276

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「風車運用高度化技術研究開発」に係る公募を実施し、ご提案いただいた3件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、別紙1のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別紙2のとおりです。

1.件名

風車運用高度化技術研究開発

2.事業概要

 本事業では、国内風車のダウンタイムを低減し、風車稼働率を97%以上に向上させるために、以下の技術開発を実施します。

 

1)「風車故障事故に関する国内外の動向調査」では国内外の風車故障事故の実態把握および最新の研究開発などの調査を実施し、国内ユーザーの運転維持に関するニーズを明確にするための技術委員会を設置します。

また、関連してIEA Windに参加しているTaskの管理、収集した情報のとりまとめなど、IEA国内委員会を設置して実施します。

 

2)「風車運用高度化技術研究開発」では1)で得られた調査結果や技術委員会の議論を踏まえつつ、国内の風力発電事業者などが利用可能な統一的な風車のデータベース環境を構築します。
 

3.委託予定先

別紙1のとおり

4.事業期間

平成30年度~平成32年度

資料

Adobe Readerを入手する