本文へジャンプ

決定 「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/産業保安の高度化に資するプラットフォームや規制等のあるべき姿の検討」に係る実施体制の決定について

平成29年9月7日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P17003
事業名 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:工藤、遠藤、服部
FAX:044-520-5212
E-MAIL:iotd@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/産業保安の高度化に資するプラットフォームや規制等のあるべき姿の検討」に係る公募を実施し、外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を経て、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員一覧は、別添のとおりです。

1.件名

IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/産業保安の高度化に資するプラットフォームや規制等のあるべき姿の検討

2.事業概要

国内の多くのプラント等で設備の高経年化や熟練作業員の減少等が進んでおり、重大事故のリスク増大が懸念されています。こうした産業保安分野に対して、IoT技術やビッグデータ解析等の新技術を活用することにより、プラント設備の信頼性を高めながら、効率的でより柔軟なメンテナンスの実現を両立することが期待されています。本事業においては、「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/研究開発項目〔2〕IoT技術を活用した新たな産業保安システムの開発」事業における成果の最大化や社会実装を促進し、規制のあるべき姿を提言します。

3.委託予定先

株式会社三菱総合研究所

4.事業期間

平成29年度~平成30年度

資料

Adobe Readerを入手する