本文へジャンプ

決定 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保/(b5)IoTセキュリティ社会実装技術」に係る実施体制の決定について

平成29年7月10日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P15011
事業名 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:藤野、斎藤、小島
E-MAIL:cyber-sec@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保/(b5)IoTセキュリティ社会実装技術」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、資料1の通り委託予定先を決定いたしました。なお、採択審査委員一覧は、資料2の通りです。

1.件名

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保/(b5)IoTセキュリティ社会実装技術

2.事業概要

本研究開発では、IoT技術の活用ニーズの急速な高まりにより、実施中の要素技術主体のIoT向けセキュリティ対策技術への取組に加え、社会実装(IoT機器への組込み)技術に取り組みます。

初年度は、研究開発実施機関とインフラ事業者間を結ぶIoT機器ベンダーとの協業体制構築として取り得る組合せとその実現に向けた課題の検討、当該領域の市場性評価、インフラ事業に社会実装するIoTシステムの評価技術、IoTセキュリティを担う人材に係る課題の調査等を実施します。

次年度以降は、上記の調査・検討に基づき、開発中のIoTセキュリティ技術を社会実装する上で必要となる協業体制の実現、当該技術の普及を促すため、提供する製品・システムがセキュリティ要件を満足していることを客観的に示すための評価技術の確立と仕組みの構築及びそれらを継続的に運用していくための体制構築、また、導入・運用に必要な人材育成の方策の確保、等を目指します。

3.事業期間

平成29年度~平成31年度

資料

Adobe Readerを入手する