本文へジャンプ

決定 「IoT技術を用いた工場オペレーションのスマート化・標準化に係る調査研究」に係る実施体制の決定について

平成30年1月11日

概要

技術・事業分野 ネットワーク/コンピューティング プロジェクトコード P17003
事業名 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
問い合わせ先 IoT推進部 
担当者:工藤
E-MAIL:iotd@ml.nedo.go.jp

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)は、「IoT技術を用いた工場オペレーションのスマート化・標準化に係る調査研究」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

IoT技術を用いた工場オペレーションのスマート化・標準化に係る調査研究

2.事業概要

本調査では、リーン生産方式(トヨタ生産方式)を採用している生産現場のオペレーションを更に高度化するべく、IoTの活用による新しいデジタル生産方式、管理方式について調査研究を行います。また、Industrial Internet Consortium(IIC)、OpenFog Consortiumなどのリファレンスアーキテクチャ、セキュリティフレームワークについて調査研究を行い、今回検討を行う新しい生産方式・管理方式について、IIC等の国際標準を考慮したシステムの設計を行います。

3.委託予定先

株式会社OTSL

4.事業期間

平成29年度