本文へジャンプ

本公募 「群ロボット及び分子ロボットに関する先導調査」に係る公募について

平成28年3月1日

概要

技術・事業分野 調査等 プロジェクトコード P09018
事業名 群ロボット及び分子ロボットに関する先導調査
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
公募期間 平成28年3月1日~平成28年3月17日
問い合わせ先 技術戦略研究センター 新領域・融合(IT・ロボット)ユニット
担当者:御代川、鎌田

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

1.事業内容

(1)概要

【テーマ〔1〕 群ロボット】

21世紀の社会においては、ドローンや災害救助ロボット等、屋外で活動するロボットや、人間の作業を補助するロボット等、幅広い活動範囲を備えたロボットが期待されている。さらに、複数のロボットが協調して行動することが可能な群ロボットが実現すれば、単体のロボットでは困難な複雑な作業を実行し、群のスケールを調整しながら臨機応変にタスク処理を遂行することが可能となり、人体内作業、人命救助、大規模輸送、極限環境での作業など、社会的インパクトは非常に大きいことが期待される。

【テーマ〔2〕 分子ロボット】

近年、分子生物学の進展により生物の仕組みが次々に明らかになっておきており、従来は考えられなかった複雑な分子ロボットを製作することが期待されている。

分子ロボットは、情報科学、制御工学、生命科学、人工知能、材料科学、物理、化学などの多くの分野を横断する新領域分野の総合的なロボットであり、分子レベルの精度を持つようになれば、生体機能を補完し、医療などをはじめ様々な分野への波及効果は大きいことが期待される。

以上の背景から、本調査においては、群ロボット及び分子ロボットに関する情報収集を行い、現状の技術レベルや我が国の立ち位置を分析するとともに、市場のニーズや将来市場規模等を調査し、NEDOが実施すべき技術開発プロジェクトの計画案を作成することを目的とする。

(2)事業期間

NEDOが指定する日から平成28年5月31日まで。

2.説明会

当該公募の内容は、契約に係る手続き、提出する書類等についての説明会を次の日程により開催いたします。出席希望の企業等は、社名、出席者氏名、出席者の連絡先(TEL、及び電子メールアドレス)を平成28年3月8日正午までに電子メール(公募要領の10.問い合わせ先をご参照ください)にてご連絡ください。なお、説明会への参加は任意です。

<日時・場所>

日時:
平成28年3月9日(水)11時00分~12時00分
場所:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 2002会議室
〒212-8554 神奈川県川崎市大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー20階
  • 16階「総合案内」で受付を行い、受付の指示に従って下さい。

3.応募方法等

本ページ最下の資料欄から必須な書類をダウンロードしてください。

契約約款はこちらをご参照ください。

4.その他

メール配信サービスにご登録いただきますと、ウェブサイトに掲載された最新の公募情報に関するお知らせを随時メールにてお送りいたします。ぜひ、ご登録いただき、ご活用ください。

資料

Adobe Readerを入手する
Word Viewerを入手する