本文へジャンプ

決定 「エネルギーハーベスティング技術の用途の特定と市場動向・技術開発動向に関する分析」に係る実施体制の決定について

平成27年12月21日

概要

技術・事業分野 調査等 プロジェクトコード P09018
事業名 エネルギーハーベスティング技術の用途の特定と市場動向・技術開発動向に関する分析
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
研究者・研究チーム
問い合わせ先 技術戦略研究センター 再生可能エネルギーユニット
担当者:中村、吉田
TEL:044-520-5150

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「エネルギーハーベスティング技術の用途の特定と市場動向・技術開発動向に関する分析」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

エネルギーハーベスティング技術の用途の特定と市場動向・技術開発動向に関する分析

2.事業概要

エネルギーハーベスティング技術は、光、熱、振動、電波、音、送電ケーブルの電磁波など、様々な形態で環境中に存在するエネルギーを電力に変換する技術であり、充電・取り替え・燃料補給なしで長期間エネルギー供給が可能な電源として、ユビキタスネット社会やIoT(Internet of Things)の実現に貢献できる技術である。

エネルギーハーベスティング技術で利用するエネルギー源は、場所によってその密度や適応可否が異なるため、設置場所に適した発電デバイスが必要となる。また、想定される用途も腕時計等の低電力消費の機器から、スマートフォンなどの比較的電力消費量の大きなものまで幅広く存在し、その用途ごとに利用できるエネルギー源や必要とされる発電量が異なる。

本事業では、エネルギーハーベスティング技術の市場動向及び技術開発動向を整理するとともに、エネルギーハーベスティング技術が活用されうる主な用途を特定し、エネルギーハーベスティング技術の実用化に必要な技術課題の分析を行う。

3.委託予定先

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所

4.事業期間

平成27年度