本文へジャンプ

No.1707014 アルミ溶湯浸漬用高出力セラミックスヒータの実用化技術開発

lnkLst「研究開発成果の事業化促進事業」サンプル&技術一覧

技術の概要

図:アルミ溶湯浸漬用高出力セラミックスヒータの実用化技術開発

  • 分野: 環境・エネルギー
  • キーワード: 高出力、省エネ、浸漬ヒータ、工業炉、アルミ溶湯

詳細情報

特許関連情報 特許出願準備中
想定される用途 熱を効率よく伝えるプロセスを最適化することにより、様々な電熱ヒータの高出力化が期待出来る。またヒータの高出力化を図ることで、高効率(コンパクト化)・省エネ型の設備が可能となる。さらに本開発技術は簡便なプロセスでヒータ製造が可能であり、構造も簡素にすることで製造コストを低減させると共にメンテナンス性の向上が図れるため、サービス面を含めたブランド向上が見込まれる。
参考情報 本開発ヒータにおいて、着目する要点はコンパクトで高出力である。アルミ溶湯のような特殊な液体(金属を腐食させてしまう液体:強酸性、強アルカリ性など)に幅広く活用出来ると考えている。また、コンパクトな形状において、設置スペースを取らないため温度管理が必要な適正な場所にヒータを配置することが安易に出来るため、無駄なエネルキーが削減出来る。

企業・研究者の概要

企業名 株式会社ヤマト
所在地 大阪府大阪市平野区長吉川辺4-1-16 (本社工場)
電話 072-339-5360­
FAX 072-339-5365­
E-mail hirata@yamato-gr.jp
URL http://www.yamato-gr.jp

共同研究先

橋渡し研究機関 名古屋大学

ユーザーの皆様へ:
 「企業・研究者の概要」欄に連絡先が公開されている場合には、サンプルや技術の内容について直接問い合わせをされても構いません。しかしその場合、最終的にサンプル提供や技術提携に至らない場合であっても、必ず問い合わせを行った旨のご連絡をNEDO担当部署までお願いします。
 なお、サンプル等を貴社において評価されたい場合には「問い合わせシート」のご提出が必用となります。

最終更新日:平成29年7月26日