成果報告書詳細
管理番号20100000001146
タイトル*平成21年度中間年報 スピントロニクス不揮発性機能技術プロジェクト(6)-2
不揮発性機能素子の可能性 -ノーマリー・オフ・コンピュータの実現を目指して-
公開日2010/10/26
報告書年度2009 - 2009
委託先名財団法人新機能素子研究開発協会
プロジェクト番号P06016
部署名電子・情報技術開発部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:本報告書は、不揮発性機能素子の可能性を、主に将来の社会生活における様々なニーズの観点から調査したものである。 不揮発性とは電源を切っても情報が失われない機能である。この機能は、すでに磁気テープ、ハードディスク、USBメモリ、フラッシュメモリなどのストレージや不揮発性メモリとして、人々の日常生活に馴染みのあるデバイスとして重宝されている。そのため、ほとんどの人々にとって、不揮発性機能=ストレージ・不揮発性メモリというふうに認識されている。ここでの機能は、もっぱら情報を記憶することとして考えられている。
英文要約Development Item, " Spintronics nonvolatile devices project"
Summary for the fiscal year 2009 of the four-year R&D project
Reported by Research and Development Organization for Future Electron Devices (FED)
1. Technical Survey Committee for the Spintronics Nonvolatile Devices Project
FED ran the committee to ask several members of the committee to find some technical trends in worldwide research and development of Spintronics. It also held a meeting for an opportunity to discuss the trends.
2. Technical trend survey for new Nonvolatile Memories and Active Spintronics Devices
FED reviewed the current status and future prospect of spin-transistors and new non-volatile memories. Moreover a FED-NEWS composing of abstracts of published papers in spintronic technologies was delivered monthly to each researcher in the NEDO project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る