成果報告書詳細
管理番号20100000001735
タイトル平成21年度成果報告書 革新的次世代低公害車総合技術開発事業 新燃焼方式の研究開発及び燃料の最適化 革新的後処理システムの研究開発(継続研究)
公開日2010/10/26
報告書年度2009 - 2009
委託先名株式会社いすゞ中央研究所
プロジェクト番号P04013
部署名省エネルギー技術開発部
和文要約平成20年度までにプロジェクトの目標値を達成し、さらなる燃費改善を目指した研究において幾何学的高圧縮比とカムレスシステムを組み合わせた高膨張比燃焼の有効性が確認できた。しかし、評価途中でカムレスシステムが故障したため、研究期間内での評価が十分とは言い難い状況であった。そこで平成21年度は上記評価を継続した。概ね計画通り進捗し、21年度の前半はカムレスシステムの改良やフェールセーフ制御強化による動作の信頼性向上、そして単体試験による機能の確認に注力した。さらにカムレスシステム動作時に空気量が不足する領域での燃焼悪化を改善するための超高圧噴射装置は噴射制御性を向上させるための改良と動作確認を実施した。12月からはこれらの技術を組み込んだ多気筒エンジン評価に移行した。多気筒エンジン評価では幅広い運転領域での評価を実施し、燃費改善効果を確認した。ただし、過渡試験時の制御には想像以上に高度なソフトが必要となることが判り、今後も開発を継続することとした。
英文要約Title : Research and development of new combustion method and fuel design / Research and development of innovative aftertreatment system for diesel exhaust (FY2009) Final Report
We have found that high compression ratio piston with variable valve timing (Cam-less system) is very effective in better fuel economy, though we have achieved the final target in 2008FY. However, these tests were insufficient because the cam-less system had some troubles through the engine test. These tests have continued in 2009FY as continuous research and almost progressed according to the plan. The cam-less system has been improved the reliability to change in mechanical structure and review the fail safe control algorithm. Also high pressure injection system up to 300MPa has been improved in stable injection control, the injection end timing. The injection performance was checked at rig test and found the normal injection. The latter part of 2009FY the 6-cylinder engine equipped with the cam-less system has tested to investigate the fuel economy and a transient operation performance at engine dynamo test cell. The fuel economy improved several percentages in the wide operation range, however the improvement of transient operation performance was insufficient. Highly sophisticated engine controls require demonstrating of cam-less capability.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る