成果報告書詳細
管理番号20110000000289
タイトル*平成20年度中間年報 新エネルギー技術研究開発/新エネルギーベンチャー技術革新事業(バイオマス)/マイクロ波化学を利用した革新的バイオディーゼル製造プロセスの開発
公開日2011/5/17
報告書年度2008 - 2008
委託先名マイクロ波環境化学株式会社
プロジェクト番号P10020
部署名研究開発推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等 (1)エステル化反応のハイブリッド触媒最適化(大阪大学) 油脂類に含まれる遊離脂肪酸のエステル化反応のハイブリッド触媒最適化(オレイン酸)を目指し研究開発を行った。
【成果】ハイブリッド触媒のホストとして種々の活性炭、ゼオライト、シリカを選定し、ゲストとして酸、ルイス酸等を用いた。最適化された触媒は2種類であり、1つは、活性炭の末端にスルホン基を化学結合させた新規ハイブリッド触媒、もう1つは、昨年度から改良を続けている、活性炭を利用したハイブリッド触媒である。さらには、エステル交換触媒の開発にも成功した。
英文要約We developed a novel biodiesel process which esterifies free fatty acid to alkyl ester in the presence of hybrid catalyst under microwave irradiation. The process allows utilization of unedible / low-cost feed stock such as waste oil from derived from vegetable oil refining facility, rendered animal by-products and low-grade used cooking oil for biodiesel production.
The project consists of five parts. First, we developed a novel reaction system with hybrid catalyst under microwave irradiation. In addition, we designed a novel reaction device suitable for a microwave reaction, and development of the process. Second, we optimized the microwave irradiation condition. Third, we scaled up the microwave reactor for both flow and batch type from 100ml to 7.5L and 25L respectively. Fourth, we developed a cost model of total system based on actual target feedstock, analyzing both fixed and variable cost from pretreatment, reaction to after-treatment. Finally, we reviewed our business plan focusing on procurement of competitive feedstock and sufficient on-site demand. Furthermore, we started our discussion with potential clients on test operation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る