成果報告書詳細
管理番号20110000000513
タイトル平成21年度成果報告書 平成19年度採択産業技術研究助成事業 07E51006a イオン液体を用いた新しいガス分離・精製方法の開発 平成21年度中間
公開日2011/5/17
報告書年度2009 - 2009
委託先名独立行政法人産業技術総合研究所金久保光央
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約3種の吸収液を採り上げ、広い圧力条件でCO2溶解度と液相密度の測定を実施し、擬3次状態方程式による相関を行った。また、実際に2成分混合ガスからCO2分離回収試験をしたところ、それらの吸収液は[BMIM][Tf2N]より優れた性能を示すことが明らかになった。一方、ガス透過試験装置の改良により、イオン液体を含有した分離膜の性能を広い温度範囲で評価できるようになった。イオン液体支持膜の透過係数は大きく、透過流束が小さい低温領域でも高分子膜に比肩する可能性が見出された。
英文要約3 promising candidates for CO2 absorbents have been selected, and the CO2 solubilities and saturated liquid densities have been measured over a wide range of pressure. The results were correlated with a pseudo-cubic equation of state. The CO2 separation experiments by physical absorption using the above absorbents have been performed, which showed higher efficiency than 1-butyl-3-methylimidazolium bis(trifluoromethanesulfonyl)amide, [BMIM][Tf2N]. The gas permeability apparatus for membrane have been improved. It was found that IL-supported membranes had good performance even at low temperatures.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る