成果報告書詳細
管理番号20110000000548
タイトル平成22年度成果報告書 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト 先進的な食品リサイクルシステム 外食産業における食品残さを中心とした店舗廃棄物の総バイオ燃料化事業
公開日2011/5/3
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社メニコン スターバックスコーヒージャパン株式会社 株式会社リサイクルワン
プロジェクト番号P10015
部署名環境部
和文要約1.店舗廃棄物の分別回収: コーヒーチェーン店舗から排出される廃棄物のリサイクルのために、コーヒー豆粕への異物の混入の排除、ならびに過熱蒸気処理装置にかける際に禁忌品となるアルミニウム類の除去を主眼点として、名古屋市内の5店舗で廃棄物の分別回収を行った。分別品目数を増やすといった非標準オペレーションを短期間で徹底させるために、分別マニュアルの作成や、店舗訪問による直接指導などを行ったが、多店舗展開を行う外食チェーンにおいては管理体制が非常に整備されているため、上層部の協力を得ることで店舗への連動がスムーズに行えることが確認された。2.店舗廃棄物からの油脂の抽出: 分別回収した品目ごとに過熱蒸気処理による油脂の抽出条件を検討した結果、どの品目も350℃で30分間加熱することが望ましいことが確認された。油脂回収率は、投入量に対して廃プラスチック類が約86%、コーヒー豆粕が約5%となった。廃プラスチック類から得られた油脂は、燃料用途の販売可能性が確認された。一方、コーヒー豆粕から得られた油脂は、石鹸への原料利用が可能であることに加え、飼料用途で用いられるパーム油の代替が有望であることが確認された。3.店舗廃棄物からの炭化物の抽出: 過熱蒸気処理により、油脂と同時に得られる炭化物の回収率は、投入量に対してコーヒー豆粕が約15%であり、廃プラスチック類ではほとんど発生しなかった。炭化物は、燃料のほか、ボードへの原料利用、飼料原料としての販売可能性が確認されたが、飼料原料については、吸着能の向上のために追加的な加工が必要となる可能性が明らかとなり、より詳細な検討を要する。4.リサイクルシステムの評価: 多店舗が分散して立地するコーヒーチェーンを対象としたリサイクルシステムは広域的な収集システムを要するが、9割以上が廃プラスチック類で構成される燃えないごみは産業廃棄物として回収し、コーヒー豆粕は広域認定制度の適用を目標に事業構築することが望ましいと考えられる。経済性の観点からは、廃プラスチック類のみを対象としたリサイクル事業は事業規模が小さく成り立たず、コーヒー豆粕を中心として、廃プラスチック類も合わせてリサイクルすることが必要である。LCAの結果、今回検討したリサイクルシステムにより、コーヒー豆粕1tあたり0.46t-CO2、廃プラスチック類1tあたり0.47t-CO2の削減効果が確認され、現状の処理システムよりも優位であることが確認された。
英文要約1.Separation at source and collection of wastes from stores: In order to construct a recycling system of wastes from stores, separation at source and collection of wastes from five stores in Nagoya city were carried out. This operation was conducted with the purpose of removing foreign objects into coffee bean wastes and aluminum, being contraindicated to superheated steam treatment. The specific operations such as increase of separation sources were carried out through preparation of separation manuals and direct instruction on stores. As the coffee chain operating multi-store has already organized its management system, cooperation with upper management helped to smoothen implementation of the specific operations at each store. 2.Extraction of Oil: The survey on conditions of oil extraction from each waste source revealed that all sources are preferable to be heated at 350 degrees for thirty minutes. The extraction rate of oil was reported as 86% against inputted plastic wastes and 5% against coffee bean wastes. Oil extracted from plastic wastes can be sold as fuel. Oil extracted from coffee bean wastes has usages such as raw material for soap and substitutions of palm oil used as feed material. 3.Extraction of Carbide: After superheated steam treatment, the extraction rate of carbide was reported as 15% against inputted coffee bean wastes, though very few carbide were extracted from plastic wastes. Carbide can be sold as fuel, basic ingredients of building materials and feed materials. However, further consideration is required for a practical realization of feed materials, as an additional process is needed to improve its absorption capability. 4.Study of recycling system: It is necessary to construct a collection system covering a large-area, as the coffee chain has scattered stores in a large scale. Noncombustible wastes composed mainly of plastic wastes can be collected as “industrial wastes”. In contrast, as coffee bean wastes are general wastes, it is suggested to apply ‘’The Recognition System for a Large-Area Collection and Recycling’.’From an economic viewpoint, it’s inefficient to recycle only noncombustible wastes, because noncombustible wastes generation is not substantial to sustain its recycling system. Considering generation of coffee bean wastes, it is recommended to recycle coffee bean wastes primarily and noncombustible wastes can be recycled as the second priority.
According to the Life Cycle Assessment, it is expected that 0.46t-CO2 emissions will be reduced per one ton of coffee bean wastes in this recycling system. Similarly, 0.47t-CO2 emissions are assessed to be reduced per one ton of plastic wastes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る