成果報告書詳細
管理番号20110000000571
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06B44503a 電流注入型フォトニック結晶レーザの実用化に関する研究 平成21年度最終
公開日2011/5/17
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人大阪大学近藤正彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約 高速動作が可能でなおかつ、波長多重の伝送方式に適合した次世代光通信に向けたフォトニック結晶レーザを新規に設計・提案した。
 上記レーザの作製に必要なドライエッチング技術を開発し、最適条件をほぼ見出した。
 従来の市販されている半導体レーザは、全て、素子の前方面よりレーザ光を出射する。しかし、本開発レーザでは、全く新しい方式でレーザ光を出射する。具体的には、光共振器の直近に設け光結合した光導波路より出射する。この新規出射方式を、光励起法によるレーザ発振で確認・実証した。
英文要約 A totally new PC laser diode that is suitable for fast operation and wavelength division multiplexing (WDM) was designed and proposed.
 Dry-etching process has almost been established.
 Photo-pumped lasing was demonstrated. Lasing light was output through a linear waveguide that optically connected with a PC cavity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る