成果報告書詳細
管理番号20110000000573
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第2回採択産業技術研究助成事業 06B44510a 超臨界流体ジェット用高圧高速開閉パルスバルブの開発と不揮発性・熱分解性試料の質量分析及びレーザー分光への応用 平成21年度最終
公開日2011/5/17
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人東京工業大学石内俊一
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約1)微量試料を拡散させることなく分析部に導入するために、HPLCカラムを試料輸送管に利用し、高感度分析を可能とした。
2)前年度に導入したシステムで、特にユーザーインターフェイスなどを整備・改良し、プロトタイプ機として最適化を図った。
3)生体関連分子の気相分光研究を行い、分子のフレキシビリティに関する新しい知見を得た。
英文要約1) Improvement for detection of microscale samples
By utilizing the HPLC column in place of stainless tube, the sample can be sent to the pulsed valve without diffusion within the tube, and then the high-sensitive analyses were achieved.
2) Optimization of the prototype system
By improving the user interface, the whole system was optimized as prototype one.
3) Application for gas phase spectroscopy of biologically relevant molecules
By applying several laser spectroscopies to some biologically relevant molecules, new aspects of molecular flexibility were found.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る