成果報告書詳細
管理番号20110000000579
タイトル平成22年度成果報告書 標準化フォローアップ事業 導電性接着剤に関する標準化事業
公開日2011/5/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名社団法人電子情報技術産業協会 財団法人日本電子部品信頼性センター
プロジェクト番号P04002
部署名環境部
和文要約導電性接着剤を用いた高信頼性実装のプロセス面の各種条件の策定と、直流・高周波特性評価用の標準基板、強度評価・信頼性評価用基板を作製し評価を行った。ストライプ電極を用いた導電性接着剤の体積抵抗率および界面抵抗を測定し、配線内における電流分布の存在下で、電極サイズの影響による不具合の原因を特定し最適な電極サイズを決定し、ラウンドロビンテストを実施した。カートリッジ試験片を用いた熱伝導率・熱抵抗率測定の不確かさを±10%以内として測定条件を策定し、ラウンドロビンテストを実施した。各種信頼性試験として、その場抵抗測定による高温試験、温度サイクル試験、湿度試験、繰返し曲げ試験の手順の確立と加速性検証を行った。標準化構成を9部制とし、ISO NWIP/WD案1-3部を先行して提案し、続く4-9部の提案を開始した。調査活動として、欧米、アジアの関係機関を調査した結果、海外には標準化された技術が未だないことが分かり、本調査事業で提案する規格原案に対するそれらの機関からのコメント等に適宜対応し、全ての機関から支援する旨の見解を得た。振り子式マイクロインパクト試験に関する標準試験条件と試験片作製法の検討を行い、試験片形状を定めた。高周波電気特性の評価方法を確立するため、X/Y方向測定用標準基板およびZ方向特性測定用標準基板の設計、その裏づけとなる詳細シミュレーションを経て基板作成および組み立てを完了し、初期的な測定を行い標準基板の原型を完成した。導電性接着剤による継ぎ手の疲労特性に関するせん断型低サイクル疲労試験法を用いて評価し、導電性接着剤の疲労損傷におよぼす粒子分布の影響のシミュレーション、温度および保持時間の影響について精査した。
英文要約Implementing various conditions in terms of reliable processes for conductive adhesives, a series of standard substrates for high frequency DC characterization and reliability evaluation were prepared. By measuring the volume resistivity and interface resistance of conductive adhesive on electrodes, the effect pattern size was found and was attributed to the current distribution in the wire electrode. The thermal resistance measurement uncertainty was set to be within ± 10% as a criteria and the round robin test was carried out. A variety of reliability tests with in-situ resistance measurement, temperature cycle test, humidity test, fatigue test and steel ball drop test were performed. Nine ISO New Work Item Proposals were submitted as the first step of the standardizations. Research activities in EU, USA and Asia were surveyed and, through intensive discussions with international researchers, it was found that many organizations will support the current standardizations. For a micro-pendulum impact test, the standard shape of the specimen was determined. To establish a method for evaluating electrical frequency, X/Y and Z boards were designed. The low cycle fatigue assessment methods for shear fatigue properties of conductive adhesive joints were reviewed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る