成果報告書詳細
管理番号20110000000595
タイトル*平成22年度中間年報 グリーンネットワーク・システム技術研究開発プロジェクト(グリーンITプロジェクト) エネルギー利用最適化データセンタ基盤技術の研究開発 最適抜熱方式の検討とシステム構成の開発/集熱沸騰冷却システムの開発
公開日2011/5/10
報告書年度2010 - 2010
委託先名日本電気株式会社
プロジェクト番号P08017
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
1)研究概要
インターネット上の情報の増加とともに、データセンタは市場規模が年率10%以上で急成長しており、データセンタの電力増大が大きな課題となっている。本研究開発では、データセンタの電力の約1/2 を占めるファン、空調機などの冷却電力に関して、抜熱の新たな技術によりファンおよび空調機の送風電力を下げることを目標とする。
抜熱の新技術として「集熱沸騰冷却システム」を提案し、性能検証、実用性検証を進めた。右図に「集熱沸騰冷却システム」の適用例を示す。潜熱を利用した高効率伝熱技術により、CPU 等の発熱源で発生した熱を室外熱交換機までシームレスに運ぶ。これによりサーバ搭載のファンおよびマシン室の空調機の送風電力を下げる。最終目標として、データセンタ全体の冷却電力を従来比で40%低減することを目標とする。この目標の実現のために、研究項目として以下の4つの研究開発を進めた。
英文要約Title : Research and Development Project for Green Network/System Technology (Green IT Project) / R&D of Fundamental Technology for Data Centers to Optimize Energy Use / Studies on Topics such as Optimal Heat Removal Methods, System Configuration Development / Development of Heat-Concentrating Cooling System Using Boiling Heat Transfer
Cooling power requirements are approximately the same as the power to run the ICT equipment at the data center. We proposed to reduce cooling power usage by our heat-concentrating cooling system. Our research consisted of four items: (1)
high-performance boiling heat transfer modules, (2) flexible interconnections, (3)
efficient thermal contact modules, (4) estimates of energy-saving effects of data center.
Our final target is putting the cooling module into practical use in the 1U servers,
Blade servers and NW equipments. This fiscal year, we studied the cooling modules to
be packed into these thin equipments. Additionally, in order to produce the low-cost
module, manufacturability of the inner metal tube, the connecting structure and the fin
having rough surface are being examined.
And we studied to estimate of energy-saving effects by the large-scale airflow in the
evaluation model of data center. Therefore we verified the cooling system reduce
airflow requirement though ICT equipment, and the airflow from CRACs (Computer
Room Air Conditioning) can be reduced. As a result, the reduction in the total energy
consumption by cooling was estimate to be 20%.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る