成果報告書詳細
管理番号20110000000615
タイトル*平成22年度中間年報 「国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 環境対応型高効率アーク炉モデル事業(タイ)」
公開日2011/5/17
報告書年度2010 - 2010
委託先名スチールプランテック株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.実証事業の内容及び成果等
アジア地域の開発途上国等においては、エネルギー多消費産業におけるエネルギー消費効率が低いこと等から、エネルギー需要の急増やこれによる環境負荷の増大等の問題が顕在化しつつある。こうした問題の対応には当該国自身による関係工場等における効率的なエネルギー有効利用技術の導入・普及が図られる必要がある。かかる観点からこれらの国における自助努力を支援するため、わが国が有する実用段階にある省エネルギー技術を、相手国との共同事業としてこれらの国に導入し、当該技術の有効性を実機にて実証することにより、その普及を図り推進することを目的とする。
本事業では、環境対応型高効率アーク炉及び排ガス処理設備をタイの電気炉製鋼設備に導入し、アーク炉の省エネルギー、環境負荷低減を図ると共にその有効性を実証する。またモデルプラントの実証運転による省エネ実績等を普及セミナーで紹介する等によりタイ国内への本技術の普及を図る。
尚、平成22年度は、環境対応型高効率アーク炉の協定書関連業務、現地調査・基本計画、設計、CDM関連業務に関する業務を実施した。
英文要約Title:International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy, The Model Project for an Environmentally Conscious High-Efficiency Arc Furnace(Thailand) (FY2010-FY2012) FY2010 Annual Report
ID (Implementation document) was discussed between Japanese and Thailand party on the middle of July in 2010 at Thailand. It was reached to an acceptable level for each party on the middle of November in 2010. Finally the both parties signed ID on March 16, 2011, just after the NEDO and Thailand government signed MOU.
Project preparations were begun to minimize delay of this project before ID and MOU were sealed. It was started to talk with Thailand party about the conditions at the beginning of March. The both party discussed each project organization, overall project schedule and other issues.
The main equipment at ECOARC of basic design were deeply studied about their shapes and layouts based on the plan at the feasibility study. Additionally drawing of existing equipment was checked to make up purchase list. The some of equipment were started to preparing of the procurement procedures.
During the feasibility study stage, it was decided to apply approved small-scale methodology (AMS-II.D) because the aggregated energy savings of the proposed project will not exceed 60 GWhe. After careful study, it might be needed to reexamine the methodology taking the actual operating condition (prediction) after the installation of this plant into consideration. Due to the above circumstances, SPCO reviewed and placed an order with the consultant who will be able to re-check the methodology and prepare the PDD.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る