成果報告書詳細
管理番号20110000000620
タイトル*平成22年度中間年報 国際エネルギー使用合理化等対策事業 国際エネルギー消費効率化等モデル事業 「コークス乾式消火設備モデル事業(インド)」(平成20年度~平成23年度) 
公開日2011/5/10
報告書年度2010 - 2010
委託先名新日鉄エンジニアリング株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名エネルギー対策推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.実証事業の内容及び成果等
本事業は、インド鉄鋼業において粗鋼生産量の約2/3を占める大型高炉一貫製鉄所を対象にコークス乾式消火設備(CDQ:Coke Dry Quenching System)を導入することにより、従来は廃熱として捨てられていたコークスの持つ顕熱エネルギーをCDQボイラーで回収し蒸気として有効活用することにより、化石燃料の消費削減を図り、インド国内のエネルギー有効利用、温暖化ガス排出削減と環境保護を目的としたコークス乾式消火設備モデル事業である。
本事業では、コークス乾式消火設備を、インドのタタ製鉄(TATA STEEL Ltd. :TSL)に設置し、実証普及活動等の事業を日本・インド協同で実施している。
英文要約Title: International project for increasing the efficient use of energy, The model project for increasing the efficient use of energy using a coke dry quenching system (India)(FY2008-FY2011)FY2010 Annual Report.
This is the international model project for increasing the efficient use of energy using a coke dry quenching system, of which objective is to realize and demonstrate the effect for effectual utilization of energy resources and environmental protection in India by installing a coke dry quenching system in steel works in India. In the project, coke dry quenching system is installed to the coke oven batteries in a steelworks, heat from red hot cokes is recovered and utilized, and fuel consumption is reduced. This project is jointly carried out by India and Japan. The consignment work received by us in fiscal year 2010 regarding the Model Project for increasing the efficient use of energy using a coke dry quenching system included designing, manufacturing and supervisory services for errection and commissioning, and is carried out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る