成果報告書詳細
管理番号20110000000854
タイトル平成22年度成果報告書 大学等の若手研究者が有する技術シーズの異分野および複数企業ニーズ等との融合促進事業
公開日2011/5/27
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社アイ・ビー・エル・シー
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約産業技術研究助成事業(若手研究グラント)は、大学・研究機関等の若手研究者が取り組む研究開発を助成することにより、産業界及び社会のニーズに応える産業技術シーズの発掘・育成を主目的としている。そのため研究開発段階から産業界と連携し、その評価、意見等を反映して、当該研究開発成果を早期実用化に結びつけることが重要である。一方、若手研究者は一般に産業界との繋がりが弱く、優れた成果が埋もれる恐れもある。
本事業は、これら若手研究者の研究成果の早期実用化を目指して、有力な企業との産学連携に向けた支援活動を行ったものであり、「企業への広報活動」「産学連携支援活動」「産学連携事例調査」の3つに集約される。
「企業への広報活動」では、本事業の対象となる平成21年度採択テーマの助成研究者約90名に産学連携の実施状況やNEDOが企画する産学連携支援活動に対する要望をアンケート調査した。それを基に産学連携を希望する研究者約40名に対し、委託事業者の専門家(企業経験者)が直接インタビューして研究内容や特徴を把握するとともに、産業界から見てわかりやすく魅力的な研究紹介資料(研究提案書)を策定し、ウェブに掲載して全国へ発信した。さらに、委託事業者の有する企業ネットワークを通じて製造業300社の研究企画や産学連携のキーパーソンに直接周知した。また、新たな技術シーズや産学連携を求める企業と研究者が直接対話・質疑ができる「若手研究グラント技術公開説明会」を企画し東京で開催した。この「若手研究グラント技術公開説明会」は上記の企業ネットワークやプレスリリースを通して広くアナウンスし、企業担当者の参加を促した。
「産学連携支援活動」では、各研究テーマを担当する上記専門家が、研究成果の活用可能性や応用分野への展開可能性が見込まれる企業を調査検討し、候補となる企業に関心の有無について問い合わせを行い、関心を示した企業に関しては、当該研究テーマを担当する専門家が直接企業に訪問し、研究内容の紹介や特徴を説明、訴求した。その累計は150社に及んだ。その結果、研究者との面談を希望する企業には当該研究者との面談をセッティングした。その累計は65件に及んだ。さらに、面談後のファローアップを行うことで産学連携への具体的なステップに進んだものが25件に達し、大きな成果を上げることができた。
「産学連携事例調査」では、今後の産業技術研究助成事業の企画・運営に資することを目的として国内外の産学連携の状況、産学連携支援活動の新しい動向、手法、仕組みを調査した。その結果、大学等の技術シーズや研究成果を企業に結びつける今回の取り組みは、現在の我が国の現状を踏まえても適切であり、効果的であることがわかった。
英文要約The purpose of Grant for Industrial Technology Research is to find and to promote industrial technology seeds with perspective of industries and social needs by funding system to facilitate the industrial application of research and development by young researchers at universities and public research institutes. In order to achieve early industrialization of these research and development results, it is very important to evaluate and/or to advise these results from the viewpoint of industrial experts. On the contrary, young researchers have generally no strong connection with industries and their superior results have the possibilities to bury in the drawers.
This project is summarized into three activities, “the publicities of the research activities to the industries”, “the support for the collaboration with industries and academics”, and “the survey on the collaboration with industries and academics” with aiming to the early industrialization of young researchers’ research results for the collaboration with the leading industrial companies.
In the activity on “the publicities to the industries”, the experts of technologies in the contractor performed the following actions to about 40 young researchers requested the support for collaboration with industries; the direct interview with young researchers by industrial experts for providing the attractive research information documents from the viewpoint of industries, the public announcement of these information widely through website, and furthermore, the direct announcement to key persons who belonged to the Research Planning Dept./Div. in 300 manufacturing enterprises through the network of the contractor. Also, the briefing meeting on Grant for Industrial Technology Research was planned and opened at Tokyo for direct discussion with young researchers and the enterprises that groped for new technology seeds and/or the collaboration with academics, and invited the concerned persons in enterprises to this briefing meeting through network of the contractor and press release.
In the activity on “the support for the collaboration with industries and academics”, the experts charged with each research themes, investigated the enterprises that expected the possibilities for application of these research results, inquired the possibilities the candidate enterprise, explained directly more detail information of research to the enterprise shown the interest on the research, and visited total 150 companies. As the results of these activities, total 65 companies directly met with young researchers and discussed in detail on the research results, and finally total 25 topics came to fruition on the collaboration with industries and academics.
In the activity on “the survey of the examples on the collaboration with industries and academics”, the new trends, approaches and/or systems on the support for the collaboration with industries and academics, and the situations of the collaboration in domestic and abroad, were surveyed for the purpose to utilize in planning and management of future Grant for Industrial Technology Research. From the survey results, these efforts linked to the industries with academic’s technology seeds and/or results were confirmed as effective and suitable based on the current situation in Japan
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る