成果報告書詳細
管理番号20110000000695
タイトル平成18年度~平成22年度成果報告書 微生物機能を活用した環境調和型製造基盤技術開発/微生物機能を活用した高度製造基盤技術開発/高性能宿主細胞創製技術の開発、微生物反応の多様化・高機能化技術の開発、バイオリファイナリー技術の開発、総合調査研究/総合調査研究
公開日2011/6/7
報告書年度2006 - 2010
委託先名財団法人バイオインダストリー協会
プロジェクト番号P06014
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約本研究開発の一体的かつ円滑な推進及び研究成果の検討による適切な研究の方向性の調整、研究者間の情報交換・意見交換による効率的な研究の推進等を目的として、外部の有識者に委嘱した研究開発委員を交えた全研究実施者による研究開発委員会を、経済産業省およびNEDO担当者、プロジェクトリーダー、サブプロジェクトリーダー同席のもと、平成18年度から平成22年度の5年間で9回開催した。さらに、本研究開発項目実施関係者ごとの三つの分科会、すなわち高性能宿主細胞創製技術分科会、微生物反応の多様化・高機能化技術分科会、バイオリファイナリー技術分科会を計15回開催し、より深い議論により進捗状況を検討して、研究の方向性の調整等を行った。また、経済産業省およびNEDO担当者、プロジェクトリーダー、サブプロジェクトリーダー同席のもと、各研究実施者よりヒアリングを行い、次年度に向けた研究計画の確認・修正、今後の具体的実施方針策定等について議論するための検討会を毎年1回ずつ計4回開催した。他に、毎年度、外部調査機関等を活用して、最新の関連技術情報を収集し、平成18年度調査報告書「バイオリファイナリー技術(特にバイオマスから糖への変換技術を中心)に関する欧米の技術動向」、平成19年度調査報告書「有機溶媒耐性微生物の開発と利用に関する研究動向調査」、平成20年度調査報告書「微生物関連のin vivo シンセティックバイオロジーの研究動向」、平成21年度調査報告書「プロジェクト研究技術開発に関連するホワイトバイオテクノロジーの海外研究動向調査(主に欧米)」、平成22年度調査報告書「欧米における微生物機能を利用したバイオプロセス・バイオプロダクトの技術開発動向調査」を作成し、本研究開発関係者に提供した。
英文要約Title : Development of Basic Technologies for Advanced Production Methods Using Microorganism Functions. Integrated Studies and Research. (FY2006-FY2010) Final Report
The committee was held nine times in five years from fiscal year 2006 to fiscal year 2010 with attendance of the project leader, sub-project leaders, researchers and experts appointed by NEDO as well as persons in charge of METI and NEDO to discuss the objectives and research programmes and to operate the project efficiently and smoothly. In addition, three divisional committees were held 15 times in total to discuss the results of three divisions, that is high-performance host cell creation technology, technology to enable enhanced and diversified functions of microbial processes and biorefinery technology, separately. The study meeting was held four times to discuss the confirmation and revision of research programmes in special consideration of practical applications of the project's results and budgets of the following fiscal year. The attended members of the meeting were project leader, sub-project leaders, acting researchers and persons in charge of METI and NEDO. The latest literatures in each year on “the bio-refinery technology of conversion of biomass to sugars in the U.S. and Europe”,“the developments and applications of organic solvent-tolerant microorganisms”,“the systems biology, the synthetic biology and the synthetic genomics”,“the whitebiotechnology in the U.S. and Europe”and“the bioprocesses and bioproducts using microorganism functions in the U.S. and Europe”were collected. Some of them were summarized by outside agents. The reports were distributed to the persons concerned in the project team.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る