成果報告書詳細
管理番号20110000000758
タイトル平成22年度成果報告書 研究協力事業/インドネシアゴム農園における生産性向上のための病害診断技術の開発
公開日2011/6/7
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社ブリヂストン
プロジェクト番号P93048
部署名バイオテクノロジー・医療技術部
和文要約 本事業では、平成22年度から2年間の計画で、インドネシアのゴム農園において深刻な被害が広がり、経済的ダメージが大きい土壌病原菌 Rigidoporus microporus(ネッタイスルメタケ)によるwhite root disease (根白腐病)に対する防除システムを開発するために、病害の早期診断技術を検討している。この病害は東南アジア、アフリカ地区で多発しており、樹木の根を腐朽させ、進行すると成木でも枯死にいたるというリスクの高いで病害であるにもかかわらず、土壌伝染により拡大するため、罹病診断が遅れることが多く、蔓延を防ぐことが非常に困難である。また、感染が確認できたと場合でも、罹病木の処置は土壌を掘り起こし、患部である根部に薬剤を塗布するなど、メンテナンスに多大な費用と工数がかかる病害でもある。
 初年度はインドネシアにおける病害の実態を現地で調査するとともに、感染が確認された罹病木および周辺土壌から解析用の試料の収集を行った。さらに病原菌の分離培養技術を開発し、遺伝子解析による同定を行った上で、分離菌を用いて罹病診断に適用可能な人工感染システムの構築を検討した。さらに、パラゴムノキの組織や代謝物を分析し、罹病による変化を追跡することによる診断技術の開発をすすめた。これら分子生物学的解析や代謝物分析技術をwhite root diseaseの病害診断に応用することにより、病原菌の多様性解析や病害による代謝物の変動を解明し、科学的根拠に基づく迅速な診断方法の確立を目指している。一方、衛星画像を利用したリモートセンシング技術の応用による広域地域の罹病状況の診断の可能性についても検討を進めている。 初年度の現地調査の結果、個々の農園の管理状態やメンテナンスの方法により、農園ごとに罹病率が大きく異なることが判明した。今後さらに詳細な調査を実施して、農園の状態に合致した診断技術を提供し、防除につながるよう、開発技術の適合性についても検討していく必要がある。
英文要約     The goal of this project is to develop a controlling system for white root disease (WRD), which has been giving a serious economic impact to rubber plantation business in Indonesia. The project started in 2010 for two-years term.
     Feasibility study is underway for the development of a early diagnosis system for WRD. WRD is a serious disease widely seen in South-eastern Asia and Africa, decaying root of a rubber tree and causes death. To this date, diagnosis of the infection has been difficult until the late stage, as, WRD, which is caused by a soil-borne fungus, Rigidoporus microporus, spreads under ground. The timing of the infection being recognized has been generally too late to curb the spread of the disease. Cost for treatment is rather high, as the process needs digging-out of infected root, the very part which the medicine should be applied to.
In FY2010, we surveyed current status of WRD in Indonesia. Our target was to gain scientific fundamentals for development of the early diagnosis system through genetic/metabolic analysis on samples collected from soils around WRD trees and the tree itself. We developed original isolation/culturing procedure of the Rigidoporus microporus and conducted genetic analysis to identify the isolated fungus and its diversity. Various factors that should be used in diagnosis, were identified by tracking the chronological transition of the WRD symptoms and analysing a metabolic change of infected trees. Development of an artificial infection process is discussed in the scope of utilizing it in the developing process of the diagnosis system.
     On the other hand, a research is conducted to examine feasibility of a remote sensing system using satellite images. The sensing system would enables easy grasp of a spreadth of the disease in wider area. Based on a field work in the first year, we identified diversity in the illness rate between rubber plantations. The diversity is considered to be caused mainly by the difference in controlling/maintenance system in each plantation. Further study should be conducted to examine the suitability of each methods that are under development, to provide each rubber plantation with the most appropriate diagnosis system and protect the trees from the infection.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る