成果報告書詳細
管理番号20110000000845
タイトル平成22年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究 タイ国における多機能型膜システムを用いた高度浄水処理による水循環事業の実証研究事業
公開日2011/6/7
報告書年度2010 - 2010
委託先名前澤工業株式会社 伊藤忠マシンテクノス株式会社
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約タイ国を含む東南アジアでは、工業化に伴う水環境の悪化が深刻化しており、また雨季と乾季の原水水質変動への対応と安定した用水確保が課題となっている。当グループは研究実施場所としてタイ国のアマタナコン工業団地を選定し、当グループの技術である多機能型システムを用いて、原水性状に合わせた物理処理、生物学的酸化、化学的酸化を組み合わせた浄水処理を行い、安定した用水供給事業を行うことを検討した。 アマタナコン工業団地はタイ国を代表する工業団地で、日系企業も多く入居しており、現在も拡張を続けている。企業の工場のみならず、住宅やショッピング施設なども整備されており、「街づくり」をコンセプトにした工業団地開発を続けている。また現在、アマタサイエンスシティー計画と呼ばれるプロジェクトが進行している。これはタイ国の科学技術の発展を目的として大学等研究施設やハイテク産業を誘致して研究都市を造ろうとするもので、タイ国政府も後押ししている。アマタサイエンスシティー計画では良質な水を供給する水インフラの整備も計画されており、今回の当グループの提案もその一貫として捉えられている。 当グループはアマタナコン工業団地において、原水の調査と処理性試験、処理フローの決定と基本設計、現地企業の見積の取得と概算費用の確定、コスト算出、各企業に対する要望水質の調査等を行い、可能性を評価した。 まず、原水の調査と処理性試験であるが、現地にて2010年9月から2011年2月までの間に3回の原水水質調査と2回のビーカー実験による処理性試験を行った。その結果、原水は濁度や有機性の色度が高いこと、そして凝集剤の添加量を増やすことによる処理には限界があること等がわかった。そこで濁度や有機性の色度を効率的に除去するシステムが必要であると考えられた。そこで処理フローは、イオン交換とPAC凝集を前処理とした多機能型膜とし、このシステムによって有機性の色度や濁度が効率良く高いレベルで処理できることができると考えられた。 この処理フローをもとに、処理水量5,000m3/日と20,000m3/日について基本設計を行った。基本設計で決定した施設の仕様や容量をもとにタイ国内の建設会社を中心に見積りを取り、概算費用を確定した。また施設の維持管理に要する薬品費についても現地企業から見積りを取得した。 この現地企業からの見積りと日本国内における価格を参考にして、タイ国内における処理水量ごとの概算建設費を確定した。この建設費と同じく現地企業の見積りによる維持管理費に、資金調達コスト等を勘案し、処理水量ごとの浄水コストを算出した。 一方、このシステムで供給可能な水質に対する需要も調査した。タイ国内の他の工業団地に入居する企業に対して、水質に対する要望の他、使用水量、水道料金や工場内で行っている追加処理の内容等について調査を行った。その結果、特に半導体関係の高品質な水を必要とする会社においては、追加処理のランニングコストの低減化を期待する意見が見られた。 以上の結果より、多機能型膜システムを用いた浄水処理は、アマタサイエンスシティー計画で高品質の上水道として、またハイテク産業向けの工業用水として需要があること、また今後の工業団地の拡張計画に伴い新たに必要となる数万m3/日規模の浄水施設が必要となることから、これらを総合的に整備することで、事業化は可能であると考えられた。
英文要約The deterioration of the water environment caused by the industrialization has been grown into a serious problem in Southeast Asia including Thailand. The water quality variation between rainy season and dry season and the stable amount of treated water has also been a challenge in this area. Our group has been studied the combined water treatment technology including physical removal, biological oxidation and chemical oxidation according to the raw water quality by using the hybrid MF membrane system. The group has also pursued the continuous water supply business with the system. : We selected the AMATA Nakorn Industrial Estate in Thailand as a research place. We performed raw water quality survey and the treatment experiment, water treatment flow and basic design of model facilities. We have also collected some quotations from local companies, followed by made estimated cost calculations and the demand for the water quality. : As for the quality of raw water, we have suggested that the turbidity and color with organic matter were high. As a result of the investigation of the raw water quality and the treatment experiment, a dedicated treatment system that can efficiently remove them are necessary. : We proposed to use the hybrid MF membrane system that combines ion exchange and PAC coagulation as pretreatment. The model facilities are designed to treat raw water of 5,000m3/day and 20,000m3/day, and we have obtained quotations from the local companies. The water treatment cost has been calculated based on construction cost, operation and maintenance cost, and the fund-raising cost. : On the other hand, we surveyed enterprises in the industrial estate other than the AMATA Nakorn in Thailand about the demand for the water quality that might able to be supplied by our system, the outline of additional treatment in the factory, the amount of water used, the water rate, etc. Especially, the water quality supplied by our system was highly evaluated in the enterprise that requires high-quality water such as semiconductor facilities assuming that there was a possibility that might reduce the cost for additional treatment in the factory. : There is a research and development city construction project called “AMATA Science City” in AMATA Nakorn Industrial Estate that has been supported by the Thai government. The hybrid MF membrane system is evaluated as a technology to construct advanced water infrastructure in AMATA Science City. : With above mentioned results, the water treatment using the hybrid MF membrane system is the best appropriate system with a great demand as an advanced infrastructure in the AMATA Science City Project and the best industrial water for high-technology industry. : There is a demand for larger water treatment facilities to produce water tens of thousands of m3/day along with the expansion plan of the industrial estate in the future. : In all aspects, we have concluded that we can build up a successful wholesale in this area.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る