成果報告書詳細
管理番号20110000000871
タイトル平成22年度成果報告書 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト/国内における資源循環技術開発/実施可能性調査/先進的な食品リサイクルシステムに係る実施可能性調査
公開日2011/6/7
報告書年度2010 - 2010
委託先名社団法人日本フランチャイズチェーン協会 三菱マテリアル株式会社 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10015
部署名環境部
和文要約本調査は、コンビニエンスストア各店舗から少量かつ容器付きで排出される販売期限切れ商品を、高効率に回収し、リサイクルする仕組みの構築を目指して、販売期限切れ商品の効率的な回収方法やリサイクル方法の検討を行った。加えて、リサイクルを促進するために必要となる基礎情報として、リサイクル主体の受入れ要件や、都市別の分別ルールや処理委託料金水準などを把握し、高効率な回収・再資源化システム全体を評価した。
調査報告書は、5章立てとなっており、第1章では、高効率回収システムの検討結果をとりまとめた。社団法人日本フランチャイズチェーン協会に加盟しているコンビニエンスストア5社(株式会社サークルKサンクス、株式会社セブン‐イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート、ミニストップ株式会社、株式会社ローソン)の店舗の協力の下、動脈物流活用回収の実施方法について検討し、動脈物流活用回収の実現可能性、効果について、コスト、関係主体の対応可能性、臭気、CO2の観点から評価を行った。
第2章では、高度なリサイクル資源再生システムの検討結果をとりまとめた。初めに、販売期限切れ商品の実態把握を行い、物理組成・化学組成の変動が小さいことが示唆された。続いて、実証試験を行い、各処理工程で得られたプラスチック等、乾燥物、炭化物の化学分析と、処理工程の消費エネルギーを測定した。保有エネルギー及び消費エネルギー並びにCO2削減及びコストの観点から、再資源化率向上に寄与する代替燃料の提案を行うとともに、資源再生システムの構築における課題を抽出した。
第3章では、食品リサイクル法上の登録再生利用事業者の他、自治体や、動植物性残さを取り扱う産業廃棄物処理業者に対してアンケート調査を実施し、コンビニエンスストアの食品廃棄物のリサイクル施設の全国マップを作成した。
第4章では、高効率回収・リサイクルシステムの導入適地を探索することを意図して、全国の都市を対象に、自治体WEB情報を元に、事業系一般廃棄物の分別ルール、自治体処理施設への持込料金などの情報の収集、とりまとめを行った。
第5章では、以上の結果を踏まえ、高効率回収・リサイクルシステムの課題を整理するとともに、夏場の高温条件下での臭気管理や、追加コストの低減、プラスチック等の分別・洗浄、炭化物の塩素対策を含むリサイクル評価への提言、廃棄物処理法や食品リサイクル法の一部見直しなど、同システムの構築に向けて、今後取り組むべき方策を整理した。
英文要約This research was aimed to develop a system to collect and recycle a limited amount of packaged food products that are past their sell-by date from convenience stores (hereinafter called, “out-of-date food products”). To do so, effective ways to collect and recycle out-of-date food products were examined. In addition, a whole system of highly-efficient collection and recycling was evaluated using the basic information collected for better encouragement of recycling such as conditions that recycling plants require for collecting out-of-date food products and rules for separating garbage and fees, which are set by individual cities.
This research report consists of 5 chapters. In chapter 1, the results from examination of highly-efficient recycling system were summarized. With the support of 5 convenience store chains, Circle K Sunkus Co.,Ltd., Seven-Eleven Japan, Family Mart Co.,Ltd., Ministop Co.,Ltd., Lawson Inc., which are members of Japan Franchise Association, ways to collect out-of-date food products by utilizing arterial physical distribution were examined. It was evaluated in terms of feasibility, effectiveness, additional costs, degrees of corporation from involved parties, odor level, and CO2 emission.
In chapter 2, considerations for high-level recycling system were laid out. First, close examination of out-of-date food products was done. In the process, their physical and chemical composition showed a low level of fluctuation. Secondly, in the demonstration experiment, plastics from packages, dried materials, and carbides from each process were chemically analyzed and levels of consumption energy in each process were measured. Then, an alternative fuel which will contribute to increase the level of efficiency in recycling was proposed and some challenges were also identified in building the recycling system.
In chapter 3, questionnaire survey of registered recycling plants that are according to so-called Food Recycling Law, municipal recycle plants, and other industrial waste disposal contractors was conducted to draw a national map of possible recycle plants for out-of-date food products.
In chapter 4, to search for suitable sites for establishing highly-efficient collection and recycling system, information on rules for separating garbage and fees for collection of general waste from business activities by cities all over the country was collected on the Internet and then analyzed.
In chapter 5, challenges in constructing highly-efficient collection and recycling system were laid out. Also, some possible strategies in evaluation recycling system to overcome these challenges were suggested such as need for odor control in summer, reduction of additional cost, separating and cleansing of plastics, management of Chlorine in the process of carbonization, and revision of some parts of Wastes Disposal and Public Cleansing Act and Act concerning the Promotion of Utilization of Recyclable Food Waste in order to further encourage food recycling.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る