成果報告書詳細
管理番号20110000000882
タイトル平成22年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究 「アジア地域における省エネ型配水管理支援事業の検証」
公開日2011/6/7
報告書年度2010 - 2010
委託先名パシフィックコンサルタンツ株式会社 株式会社日立製作所
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約水道事業者に対して、管網の整備計画の支援、配水コントロールシステムの提供、そしてシステムの運転管理や維持管理の支援を事業化することの可能性を調査した。中国浙江省のある水道事業者に、日本で実績のある配水コントロールシステムを現地ニーズに合った形で導入するモデル事業を想定している。現地の水道事業体の調査に基づいて立案した管網最適化計画案と配水コントロールシステムの基本設計案を示した上で、事業展開構想について述べる。 まず、モデル地区の現在及び将来における管網上の課題を整理するとともに、将来の想定水量に,基づいて,最適な管網案を提案した。モデル地区の本水道事業体は、給水人口150,000人、最大配水量30,000m3/日である。南部に山地があるが、その他の地域は平坦な地形で、農業、商業、工業地域がある。現在、中心部にある浄水場からポンプによる配水を行っている。将来は水需要の増加に対応して、南部の山地部の浄水場及び中心部のポンプ場も稼動させる計画である。 現地の管網及び設備データを元に、水圧分布のシミュレーションを行った。その結果は、現在、給水区域内の一部で発生する水圧不足地域と合致した。また、将来は山地部の浄水場を稼動させても給水区域全域において水圧不足が発生することが分かった。そこで、山地部の浄水場からの自然流下配水を最大限に活用するための管網整備案を提案した。具体的には、管網をブロック化し2浄水場の干渉を防止することで、自然流下配水を最大限活用する。また、樹枝状に配置されている管路を接続し、管網を整備することにより全域での有効水圧を確保するものである。 次に、この管網整備案を踏まえた配水コントロールシステムの基本設計を実施し、設備構成案をまとめた。モデル地区では圧力不足とともに低残塩も一部確認されており、給水の安全性の確保と正確な状況把握の必要がある。さらに、各施設は手動運転による運用を行っており、中央監視制御システムも導入されていないため、職員の業務量が多い。これらの問題を、携帯電話網による計測監視、光ネットワークによる集中監視制御を基本とした構成で解決できる見通しを得た。配水コントロールシステム導入に際しては、より少ない数の圧力計測点で必要な性能が実現できるかどうかを検証していく予定である。 日本の水道産業の有効な国際展開機会を創発することも本事業の目的である。今後は、事業性の検証も合わせて実施していく予定である。本モデル事業を起点として、中国を中心にアジア地域に適したビジネスモデルを確立し、展開を図っていく予定である。
英文要約We have investigated the potential of the business to provide water suppliers pipe network planning assistance, water distribution control system, and operations and maintenance support of the system. We supposed a model project in Zhejiang province, China to introduce Japanese actual water distribution control system to a water supply company in the way optimized for the area. We introduce the business plan from the basic design of water distribution control system configuration and pipe network optimization plan based on a survey of local water utility. We proposed the improved distribution network plan. Population is 150,000 and the maximum amount of distribution is 30,000 m3/day in the model area of the local water utility. A mountainous district is in the southern part of the area, and other part is flat terrain. Water is currently supplied by pump from a purification plant in center of the area. In the future, one another purification plant in the southern mountainous district and a pumping station in the center of the area will be operated in correspondence with increase of the demand. We simulated the water pressure distribution using the local data. The result showed the lack of water pressure in some parts and it accorded with the fact. In addition, results of future simulation showed the lack of water pressure on the whole area even if the purification plant in the mountainous district starts operation. Therefore, we proposed pipe network improvement plan to secure enough water pressure by using gravity flow from the purification plant in the mountainous district. As a concrete way, we prevented the interference of two water treatment plants by dividing the several pipe network blocks, and we take full advantage of the gravity flow distribution. In addition, the plan will secure the effective pressure by improving dendritic distribution network. We consider the proposed distribution control system based on facility planning for future water supply. As low level residual chlorine and lack of water pressure was recognized, it is necessary to monitor the current situation and ensure safe water supply. In addition, each facilities are operated by manual operation, and central monitoring & control system is not applied. Therefore, a large amount of staff work occurs. To solve these problems, we designed monitoring and control system using mobile phone network and optical network. We are planning to verify the system performance in the case of less measurement points. The purpose of this project is to make the overseas water business opportunities to Japanese water industries. we are planning to verify marketability and profitability of this model project. We also have plan to expand the business model to other area in China and to the Asian region.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る