成果報告書詳細
管理番号20100000001476
タイトル平成20年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A25005d 鉄系形状記憶合金の制振特性を利用した建築用制振ダンパーの開発 平成20年度中間
公開日2011/7/28
報告書年度2008 - 2008
委託先名独立行政法人物質・材料研究機構澤口孝宏
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約γ変形双晶または平面すべりを示す各種Fe-高Mn系合金でも良好な制振/疲労特性が得られた。0.2%耐力は150MPaまで低下可能であるが、加工硬化率が高いため、この値より低くすることが難しく、大ひずみで高応力になる問題が判明した。150kg級溶解を行い、ダンパー部材を試作して、動的加力試験を実施した結果、稀地震に対してはほぼ特性の劣化なく繰り返し使用できることが確認できた。
英文要約It is found that γ deformation twinning and planar dislocation glide are also favorable for damping / fatigue properties. In these alloys, 0.2% proof stress can be lowered to 150MPa, but further reduction of the proof stress is difficult due to high work hardening rate. The high work hardening rate also causes high stress responses at large strain amplitudes. The 150kg-class melting was performed, and prototypes of anti-seismic damper membranes were produced. Dynamic actuation tests showed that a superior fatigue property of the damper prototypes.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る