成果報告書詳細
管理番号20100000001730
タイトル平成18年度~平成21年度成果報告書 平成18年度第1回採択産業技術研究助成事業 06A25007d 金属疲労しない強靱な鋳造合金の創製 平成21年度最終
公開日2011/7/28
報告書年度2006 - 2009
委託先名国立大学法人東北大学横山嘉彦
プロジェクト番号P00041
部署名研究開発推進部
和文要約これまでに、室温で引張伸びが得られる強靱な高延性ガラス化鋳造合金を得ることに成功している。更に、疲労強度を左右している因子を明確にするために鋳造方法が異なる鋳造合金について疲労試験を行い鋳造組織との因果関係を明らかにした。それらの結果を基に、鋳造欠陥を少なくする鋳造方法について検討を行い吸引鋳造の一種であるプラズマ吸引鋳造法を開発してきたがボイドの混入が避けられないため傾角鋳造法を改良することで鋳造欠陥を減らすことを試みた。最近、疲労限が1.7GPa 疲労耐久比が約0.9 のほとんど金属疲労しないガラス化鋳造合金の開発に成功し、疲労しない強靱な鋳造合金の創製という本研究の目的は達成しつつある。
英文要約We have already developed high strength and ductile cast glassy alloy last year. Furthermore, we examined the fatigue test of same alloy composition with different cast process to reveal the effect of cast defects affecting on the
fatigue strength. We found out that the modified arc-tilt cast technique is the most useful process to suppress the formation of cast defects at present, and the plasma float cast technique has a fatal drawback to form voids in cast sample.Recently, we develop the high quality cast glass sample with fatigue endurance limit over 1.7 GPa to suppress the formation of void with large size over 0.5 μm.Ultimately, we conclude that the theme of this project “Development of Ductile Cast Alloy with Extreme High Fatigue Limit” is becoming successful.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る